HOME arrow人事公募一覧 arrow 生命・錯体分子科学研究領域 生体分子機能研究部門 博士研究員

人事公募詳細

募集終了

生命・錯体分子科学研究領域 生体分子機能研究部門 博士研究員

公募要項

募集人員

博士研究員  1名

所属 自然科学研究機構 分子科学研究所
生命・錯体分子科学研究領域
研究室 飯野グループ
研究分野 タンパク質分子モーター、1分子計測、タンパク質工学
研究概要 飯野グループでは、顕微鏡1分子計測でタンパク質分子モーターの動きや機能を調べる、網羅的変異導入やロボットによる自動化で天然にないタンパク質分子モーターを創る、といった取り組みで、生体分子機械の作動原理と設計原理を明らかにする研究を推進しています。本公募では、共に研究を推進して頂く特任研究員を募集します。我々のグループが持つリソースを使い倒し、ご自身のステップアップに繋げて頂ければ幸いです。

(論文リスト)

https://groups.ims.ac.jp/organization/iino_g/publications.html

(関連HP)

http://www.molecular-engine.bio.titech.ac.jp/
職務内容

下記のいずれかに従事して頂きます。

1.タンパク質分子モーターの1分子計測

2.新規生体1分子計測法の開発

3.タンパク質分子モーターや酵素の機能改変

4.タンパク質分子モーターや酵素の機能評価の自動化
タンパク質の取扱いの経験がある方が望ましいですが、1分子計測の経験の有無は問いません。
雇用任期

単年度契約で最長2023年3月31日まで

*確定済の予算では2023年3月31日までですが、予算獲得状況によっては延長もあり得ます。
応募資格 博士の学位を有するか、取得見込みの方
応募締切 2021年3月31日(電子メール必着)
適任者の採用が決まり次第、募集を締め切ります
着任時期 応相談。2021年4月1日以降の着任も可能です
勤務地 分子科学研究所(愛知県岡崎市字東山5-1)
待遇 給与:経験と実績を考慮し、学振PD(月額362,000円)以上の給与をお支払いします
勤務時間:専門業務型裁量労働制を適用。8時30分始業、17時15分終業(休憩1時間)を基本とし、職員の決定に委ねる(みなし労働時間1日7時間45分)。
休日:土日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
休暇:年次有給休暇、夏季休暇等(付与に条件あり)
保険:社会保険(健康保険、厚生年金)に加入、雇用保険の適用あり
その他条件:自然科学研究機構規定に従います
提出書類

1.履歴書(様式任意)
2.研究業績リスト(様式任意)
3.これまでの研究概要と意気込み(A4で1枚)
4.推薦者1名の連絡先

*応募前の問い合わせも歓迎致します。

提出方法

上記一式をpdfファイルで用意し、E-mailで下記のアドレスに送付

書類提出先

iino_at_ims.ac.jp(_at_を@マークに変えてください)

選考方法 書類選考後に面接を致します

連絡先

 飯野亮太
〒444-8787
愛知県岡崎市明大寺町字東山5-1
電話:0564-59-5230
E-mail:iino_at_ims.ac.jp(_at_を@マークに変えてください)