HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow飯田 健二

研究者詳細

assist

飯田 健二

いいだ けんじ / IIDA, Kenji

TEL: 0564-55-7308
メールアドレス: iida_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 明大寺キャンパス 南実験棟402号室

所属

理論・計算分子科学領域  理論分子科学第一研究部門

略歴

2007年 京都大学 工学部工業化学科 卒業
2009年 京都大学大学院 工学研究科 分子工学専攻 修士課程 修了
2012年 京都大学大学院 工学研究科 分子工学専攻 博士後期課程 修了 博士 (工学)
2009年 日本学術振興会特別研究員(DC1、京都大学)
2012年 分子科学研究所 理論・計算分子科学研究領域 博士研究員 (IMSフェロー)
2013年 日本学術振興会特別研究員(PD、分子科学研究所)
2013年 分子科学研究所 助教

受賞歴

2008年 第31回溶液化学シンポジウム・ポスター賞
2009年 第32回溶液化学シンポジウム・ポスター賞
2010年 第3回 分子科学討論会・ポスター賞

専門

量子化学,統計力学,溶液化学

主な研究テーマ

(1)光や電極電位によって誘起される溶液内化学過程
(2)凝縮相界面における光誘起ダイナミクス

代表的な論文・著書

  1. K. Iida, T. Yasuike and K. Nobusada, “Development of open-boundary cluster model approach for electrochemical systems and its application to Ag+ adsorption on Au(111) and Ag(111) electrodes”, Journal of Chemical Physics, 139, 104101 (2013).
  2. K. Iida and H. Sato, “A theory for time-dependent solvation structure near solid-liquid interface”, Journal of Chemical Physics, 136, 244502 (2012).
  3. K. Iida and H. Sato, “Theoretical study on ionization process in aqueous solution”, Journal of Chemical Physics, 136, 144510 (2012).
  4. K. Iida and H. Sato, “A two-dimensional-reference interaction site model theory for solvation structure near solid-liquid interface”, Journal of Chemical Physics, 135, 244702 (2011).
  5. K. Iida, D. Yokogawa, H. Sato and S. Sakaki, “A systematic understanding of orbital energy shift in polar solvent”, Journal of Chemical Physics, 130, 044107 (2009).