HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow石田 干城

研究者詳細

assist

石田 干城

いしだ たてき / ISHIDA, Tateki

TEL: 0564-55-7289
FAX: 0564-55-7025
メールアドレス: ishida_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 明大寺キャンパス 計算センター棟221号室

所属

理論・計算分子科学研究領域 計算分子科学部門
計算科学研究センター(併任) 

略歴

1994年 大阪大学理学部化学科卒業
1996年 京都大学大学院理学研究科化学専攻修士課程修了
1999年 京都大学大学院理学研究科化学専攻博士課程修了 博士(理学)
1999年 テキサス大学理学部化学科 博士研究員
2001年 ユタ大学理学部化学科 博士研究員
2002年 米国ラトガース大学理学部化学・生物学科 博士研究員
2004年 分子科学研究所 計算分子科学第一研究部門 助手
2007年 分子科学研究所 助教

専門

理論化学・物理化学・統計力学

主な研究テーマ

(1)溶液内化学反応過程解析の方法論構築
(2)溶液内光励起電子エネルギー移動過程についての理論的研究
(3)イオン液体の物性、及び動的挙動に関する理論的研究

代表的な論文・著書

  1. T. Ishida, “Molecular Dynamics Study of the Dynamical Behavior in Ionic Liquids through Interionic Interactions”, J. Non-Cryst. Solids, Vol. 357, pp. 454-462 (2011).
  2. T. Ishida, “Solvent Motions and Solvation Processes in a Short-time Regime: Effects on Excited State Intramolecular Processes in Solution”,J. Phys. Chem. B, Vol. 113(27), pp. 9255-9264 (2009).
  3. T. Ishida, K. Nishikawa, H. Shirota,“Atom Substitution Effects of [XF6]- in Ionic Liquids. 2. Theoretical Study”, J. Phys. Chem. B, Vol. 113(29), pp. 9840-9851 (2009).
  4. T. Ishida, P. J. Rossky, E. W. Castner, Jr., “A Theoretical Investigation of the Shape and Hydration Properties of Aqueous Urea: Evidence for Nonplanar Urea Geometry”, J. Phys. Chem. B, Vol.108(45), pp. 17583-17590 (2004).
  5. T. Ishida, F. Hirata, S. Kato, “Solvation dynamics of benzonitrile excited state in polar solvents: A time-dependent reference interaction site model self-consistent field approach”, J. Chem. Phys., Vol.110(23), pp. 11423-11432 (1999).
  6. T. Ishida, F. Hirata, S. Kato, “Thermodynamic analysis of the solvent effect on tautomerization of acetylacetone: An ab initio approach”, J. Chem. Phys., Vol.110(8), pp. 3938- 3945(1999).