HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow小板谷 貴典

研究者詳細

assist

小板谷 貴典

こいたや たかのり / KOITAYA, Takanori

TEL: 0564-55-7429
メールアドレス: koitaya_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 明大寺キャンパス 研究棟321号室

所属

物質分子科学研究領域 電子構造研究部門

略歴

2008年 東京大学工学部化学システム工学科 卒
2010年 東京大学大学院理学系研究科化学専攻 修士課程修了
2013年 東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程修了 (博士(理学))
2010年 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2013年 東京大学 博士研究員
2016年 東京大学大学院総合文化研究科 助教
2017年 科学技術振興機構 さきがけ研究者 兼務(2021年まで)
2018年 分子科学研究所 助教
     総合研究大学院大学 助教

受賞歴

2013年 日本化学会 第93春季年会学生講演賞
2014年 日本表面科学会 平成26年度会誌賞

専門

表面科学

主な研究テーマ

分光学的手法による表面化学反応機構の解明
キーワード オペランド分光、炭化水素、金属、金属酸化物

代表的な論文・著書

  1. T. Koitaya, Y. Shiozawa, Y. Yoshikura, K. Mukai, S. Yoshimoto and J. Yoshinobu, Systematic Study of Adsorption and the Reaction of Methanol on Three Model Catalysts: Cu(111), Zn-Cu(111) and Oxidized Zn-Cu(111), J. Phys. Chem. C, 121, 25402-25410 (2017).
  2. T. Koitaya, S. Yamamoto, Y. Shiozawa, K. Takeuchi, R.Y. Liu, K. Mukai, S. Yoshimoto, K. Akikubo, I. Matsuda and J. Yoshinobu, Real-time observation of reaction processes of CO2 on Cu(997) by ambient-pressure X-ray photoelectron spectroscopy, Top. Catal59, 526-531 (2016).
  3. T. Koitaya and J. Yoshinobu, The Quantum Nature of C-H…Metal Interaction: Vibrational Spectra and Kinetic and Geometric Isotope Effects of Adsorbed Cyclohexane, Chem. Rec14 848-856 (2014).
  4. T. Koitaya, A. Beniya, K. Mukai, S. Yoshimoto and J. Yoshinobu, Low-temperature observation of the softened C-H stretching vibrations of cyclohexane on Rh(111), Phys. Rev. B 80, 193409 (2009).
  5. T. Koitaya, H. Nakamura and K. Yamashita, First-Principle Calculations of Solvated Electrons at Protic Solvent-TiO2 Interfaces with Oxygen Vacancies, J. Phys. Chem. C 113, 7236-7245 (2009).