HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow倉橋 拓也

研究者詳細

assist

倉橋 拓也

くらはし たくや / KURAHASHI, Takuya

TEL: 0564-59-5579
FAX: 0564-59-5600
メールアドレス: kurahasi_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 山手キャンパス 4号館2F202号室

所属

生命・錯体分子科学研究領域 生体分子機能部門

略歴

1995年 京都大学工学部合成化学科卒業
1997年 京都大学大学院工学研究科合成 生物化学専攻修士課程修了
2000年 京都大学大学院工学研究科合成 生物化学専攻博士課程修了 博士(工学)
2000年 名古屋大学大学院生命農学研究科応用分子生命科学専攻・
      日本学術振興会特別研究員(PD)
2002年 分子科学研究所ナノサイエンスセンター 助手
2004年   総合研究大学院大学 助手
2007年 分子科学研究所 助教(職名変更)

受賞歴

2012年 BCSJ賞

専門

錯体化学・生物無機化学

主な研究テーマ

(1)金属錯体の電子構造と反応性
(2)不斉触媒活性の発現機構

代表的な論文・著書

  1. Takuya Kurahashi and Hiroshi Fujii
    “One-Electron Oxidation of Electronically-Diverse Manganese(III) and Nickel(II) Salen Complexes: Transition from Localized to Delocalized Mixed-Valence Ligand Radical” J. Am. Chem. Soc. 2011, 133, 8307–8316.
  2. 倉橋拓也・藤井浩
    「高原子価サレン錯体を鍵とする不斉酸化触媒や金属酵素の機能発現機構の研究」 Bull. Jpn. Soc. Coord. Chem. 2011, 57, 57–66.
  3. Takuya Kurahashi, Akihiro Kikuchi, Yoshitsugu Shiro, Masahiko Hada, Hiroshi Fujii
    “Unique Properties and Reactivity of High-Valent Manganese–Oxo versus Manganese–Hydroxo in the Salen Platform”
    Inorg. Chem. 2010, 49, 6664–6672.
  4. Takuya Kurahashi, Masahiko Hada, Hiroshi Fujii
    "Critical Role of External Axial Ligands in Chirality Amplification of trans-Cyclohexane-1,2-diamine in Salen Complexes"
    J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 12394–12405.
  5. Takuya Kurahashi, Akihiro Kikuchi, Takehiko Tosha, Yoshitsugu Shiro, Teizo Kitagawa, Hiroshi Fujii
    "Transient Intermediates from Mn(salen) with Sterically-Hindered Mesityl Groups:  Interconversion between MnIV-Phenolate and MnIII-Phenoxyl Radicals as an Origin for Unique Reactivity"
    Inorg. Chem. 2008, 47, 1674-1686.