HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow松岡 亮太

研究者詳細

assist

松岡 亮太

まつおか りょうた / MATSUOKA, Ryota

TEL: 0564-59-5599
メールアドレス: matsuoka_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 山手キャンパス 3号館5F西

所属

生命・錯体分子科学研究領域 錯体物性研究部門

略歴

2012年 大阪大学理学部化学科 卒  
2014年 東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士前期課程修了
2017年 東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士後期課程修了 (博士(理学))
2014年 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2017年 筑波大学数理物質系 助教
2019年 分子科学研究所生命・錯体分子科学研究領域 助教

受賞歴

2017年 第33回マツダ研究助成奨励賞
2017年 日本化学会第97春季年会 学生講演賞
2016年 第65回高分子討論会 優秀ポスター賞
2015年 日本化学会第95春季年会 学生講演賞
2015年 錯体化学若手の会夏の学校2015 優秀講演賞
2013年 錯体化学会第63回討論会 ポスター賞

主な研究テーマ

開殻分子の精密集積による新規物性開拓
キーワード ラジカル,開殻分子,分子集積

代表的な論文・著書

  1. “A Conformationally Flexible Macrocyclic Dipyrrin Tetramer and Its Unsymmetrically Twisted Luminescent Zinc(II) Complex”, T. Hojo, R. Matsuoka, T. Nabeshima, Inorg. Chem. 58, 995–998 (2019).
  2. “Crystalline Graphdiyne Nanosheets Produced at a Gas/Liquid or Liquid/Liquid Interface” R. Matsuoka, R. Sakamoto, K. Hoshiko, S. Sasaki, H. Masunaga, K. Nagashio, H. Nishihara, J. Am. Chem. Soc. 139, 3145–3152 (2017).
  3. “Bis(dipyrrinato)metal(II) Coordination Polymers: Crystallization, Exfoliation into Single Wires, and Electric Conversion Ability”, R. Matsuoka, R. Toyoda, R. Sakamoto, M. Tsuchiya, K. Hoshiko, T. Nagayama, Y. Nonoguchi, K. Sugimoto, E. Nishibori, T. Kawai, H. Nishihara, Chem. Sci. 6, 2853–2858 (2015).