HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow森 俊文

研究者詳細

assist

森 俊文

もり としふみ / MORI, Toshifumi

TEL: 0564-55-7305
メールアドレス: mori_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 明大寺キャンパス 南実験棟418号室

所属

 理論・計算分子科学領域  理論分子科学第一研究部門

略歴

2005年 京都大学理学部 卒業
2007年 京都大学大学院理学研究科化学専攻修士課程修了
2010年 京都大学大学院理学研究科化学専攻博士課程修了 博士(理学)
2008年 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2010年 米国スタンフォード大学化学科 博士研究員
2012年 米国ウィスコンシン大学マディソン校化学科 博士研究員
2013年 日本学術振興会海外特別研究員(ウィスコンシン大学マディソン校)
2013年 分子科学研究所 助教
2014年 総合研究大学院大学 助教

受賞歴

2008年 国際会議WATOK2008 ポスター賞
2011年 分子科学会優秀講演賞(日本分子科学会)
2012年 国際会議International Congress of Quantum Chemistry ポスター賞
2017年 日本生物物理学会若手招待講演賞
2018年 第11回分子科学会奨励賞

専門

理論化学, 統計力学, 生物物理, 生物物理化学

主な研究テーマ

(1)化学反応の機構・ダイナミクスと(特に生体分子内での)機能
(2)タンパク質のダイナミクスと機能
(3)これらを理解していくための新規理論の開発

キーワード condensed phase chemical reactions,hierarchical protein dynamics, free energy

代表的な論文・著書

  1. T. Mori, W. J. Glover, M. Schuurman, T. J. Martínez, “Role of Rydberg States in the Photochemical Dynamics of Ethylene”, J. Phys. Chem. A 116, 2808-2818 (2012).
  2. T. Mori, T. J. Martínez, “Exploring the Conical Intersection Seam: The Seam Space Nudged Elastic Band Method”, J. Chem. Theory Comput. 9, 1155-1163 (2013).
  3. T. Mori, R. J. Hamers, J. A. Pedersen, Q. Cui, “An Explicit Consideration of Desolvation is Critical to Binding Free Energy Calculations of Charged Molecules at Ionic Surfaces”, J. Chem. Theory Comput. 9, 5059-5069 (2013).
  4. T. Mori, S. Saito, “Dynamic Heterogeneity in the Folding/Unfolding Transitions of FiP35,” J. Chem. Phys. 142, 135101 (7 pages) (2015).
  5. T. Mori, S. Saito, “Molecular Mechanism Behind the Fast Folding/Unfolding Transitions of Villin Headpiece Subdomain: Hierarchy and Heterogeneity”, J. Phys. Chem. B 120, 11683-11691 (2016).