HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow成島 哲也

研究者詳細

assist

成島 哲也

なるしま てつや / NARUSHIMA, Tetsuya

TEL: 0564-55-7322
FAX: 0564-54-2254
メールアドレス: naru_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 明大寺キャンパス 研究棟110号室

所属

メゾスコピック計測研究センター 繊細計測研究部門

略歴

1996年 筑波大学 第一学群 自然学類  物理学主専攻卒業
1998年 筑波大学大学院 物理学研究科(5年一貫制) 物理学専攻 修士課程修了
2002年 筑波大学大学院 物理学研究科(5年一貫制) 物理学専攻 博士課程修了
       博士(理学)
2001年 NEDO ジュニアフェロー (富士通研究所)    
2002年 産業技術総合研究所 ナノテクノロジー研究部門・産総研特別研究員    
2003年 ダブリン大学 トリニティカレッジ 化学科/CRANN・リサーチフェロー    
2006年 東京大学 物性研究所・リサーチフェロー    
2007年 分子科学研究所 助教    
2008年 総合研究大学大学院 助教(併任)    
2007年 東京大学 物性研究所・嘱託研究員 (2007年,2009-2011年) 
2014年 科学技術振興機構 さきがけ研究者 兼務(2018年3月まで)    
 

受賞歴

2000年 日本表面科学会 スチューデント奨励賞       
2002年 The Best Poster Award, Asia-Pacific Surface & Interface Analysis    
           Conference(APSIAC02), Tokyo       
2002年 日本表面科学会 第14回 論文賞       
2003年 第13回 応用物理学会 講演奨励賞       
2005年 Top Papers 2004 Showcase, Journal of Physics: Condensed Matter, Institute
     of Physics, UK       
2006年 Poster award, International Workshop on Nanomechanical Sensors,
             Denmark       
2012年 Best Poster Award (Young Scientist), Yamada Conference LXVI,  
     Tokyo       
2013年 Best poster award, NANO KOREA 2013 (The 11thInternational Nanotech
             Symposium), Seoul, Korea      

専門

ナノ光学、ナノ構造科学、表面・界面物性

主な研究テーマ

(1)ナノスケールに発現する円偏光二色性の起源解明
(2)近接場光励起領域近傍の空間分解分光イメージング
(3)機械的応力のシリコン表面化学への影響に関する研究

代表的な論文・著書

  1. “Electron-stimulated athermal surface recrystallization of Si(100),”J. Phys.: Condens. Matter 16, L193 (2004).
  2. “Etching-Enhanced Surface Stress Relaxation during Initial Ozone Oxidation,” Surf. Sci., 601 1384 (2007).
  3. “Simultaneous scanning tunneling microscopy and stress measurements to elucidate the origins of surface forces,” Rev. Sci Instrum 78, 053903 (2007).
  4. “Nonlinear optical effects in trapping nanoparticles with femtosecond pulses,” Nature Physics, 6, 1005 (2010).
  5. “Site-Specific Evolution of Surface Stress during the Room-Temperature Oxidation of the Si(111)-(7x7) Surface,” Phys. Rev. Lett. 104, 146101 (2010).
  6. “Stress inversion from initial tensile to compressive side during ultrathin oxide growth of the Si(100) surface,” J. Phys.: Condens. Matter., 25, 355007 (5 pages) (2013).
  7. “Circular Dichroism Nano-Imaging of Two-Dimensional Metal Nanostructures,” Phys. Chem. Chem. Phys. (communication), 15,13805-13809 (2013).
  8. “Strong Nanoscale Optical Activity Localized in Two-Dimensional Chiral Metal Nanostruc-tures,” J. Phys. Chem. C., 117, 23964-23969 (2013).
  9. “2次元金属ナノ構造体が示す強い局所光学活性: 近接場円二色性イメージング,” 表面科学, 第35巻6号, 312-318 (2014).
  10. “Local Optical Activity in Achiral Two-Dimensional Gold Nanostructures,” J. Phys. Chem. C., Accepted (DOI: 10.1021/jp507168a). Selected as ACS Editors’ Choice
  11. “Nanoscopic Study on Developing Optical Activity with Increasing Chirality for Two-Dimensional Metal Nanostructures,” ACS photonics, 1,732-738 (2014).