HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow須田 理行

研究者詳細

assist

須田 理行

すだ まさゆき / SUDA, Masayuki

TEL: 0564-55-7347
FAX: 0564-55-7325
メールアドレス: msuda_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 明大寺キャンパス 南実験棟318号室

所属

協奏分子システム研究センター 機能分子システム創成部門 

略歴

2009年 慶應義塾大学大学院理工学研究科 博士課程修了 博士 (理学)
2008年 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2009年 日本学術振興会・特別研究員(PD)
2010年 独立行政法人理化学研究所・特別研究員
2011年 独立行政法人理化学研究所・基礎科学特別研究員
2012年 分子科学研究所 助教

受賞歴

2015年 第10回 PCCP Prize
2016年 第9回分子科学会奨励賞
2016年 第5回石田賞
2017年 第66回日本化学会進歩賞
2017年 平成29年度分子科学研究奨励森野基金
2017年 第12回凝縮系科学賞(実験部門)
2018年 平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰・若手科学者賞

専門

表面界面物性、デバイス科学

主な研究テーマ

(1)有機超伝導FETの開発
(2)有機単分子膜FETの開発

代表的な論文・著書

  1. Masayuki Suda, Masaru Nakagawa, Tomokazu Iyoda, Yasuaki Einaga “Reversible Photo-switching of Ferromagnetic FePt Nanoparticles at Room Temperature” J. Am. Chem. Soc. 2007, 129 (17), 5538-5543.
  2. Masayuki Suda, Naoto Kameyama, Motohiro Suzuki, Naomi Kawamura, Yasuaki Einaga “Reversible Photo-tuning of Ferromagnetism at Au-S Interfaces at Room Temperature” Angew. Chem. Int. Ed. 2008, 47, 160-163.
  3. Masayuki Suda, Yasuaki Einaga “Sequential Assembly of Ferromagnetic ultra-thin Films with Perpendicular Magnetic Anisotropy” Angew. Chem. Int. Ed. 2009, 48 (10), 1754-1757. [highlighted in the front species]
  4. Masayuki Suda, Naoto Kameyama, Aya Ikegami, Yasuaki Einaga “Reversible Photo-tuning of Large Anisotropic Magnetization at Interface between Self-assembled Photochromic Monolayer and Gold” J. Am. Chem. Soc. 2009, 131 (2), 865-870. [ highlighted in Nature Asia Materials]
  5. Aya Ikegami, Masayuki Suda, Takeshi Watanabe Yasuaki Einaga “Reversible Optical Manipulation of Superconductivity” Angew. Chem. Int. Ed. 2010, 49(2), 372-374.