HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow塚本 寿夫

研究者詳細

assist

塚本 寿夫

つかもと ひさお / TSUKAMOTO, Hisao

TEL: 0564-55-7453
メールアドレス: tsukamoh_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 明大寺キャンパス 研究棟309号室

所属

生命・錯体分子科学領域 生体分子情報部門

略歴

2001年 京都大学 理学部 卒       
2003年 京都大学大学院 理学研究科生物科学専攻 博士前期課程修了     
2006年 京都大学大学院 理学研究科生物科学専攻 博士後期課程修了 博士(理学)     
2006年 大阪市立大学大学院 理学研究科 客員研究員   
2006年 京都大学大学院 理学研究科 リサーチフェロー   
2007年 大阪市立大学大学院 理学研究科 博士研究員   
2007年 日本学術振興会特別研究員(PD)   
2009年 Oregon Health & Science University, Visiting Scientist   
2010年 Oregon Health & Science University, Postdoctoral Trainee   
2011年 日本学術振興会海外特別研究員   
2011年 分子科学研究所 特任助教   
2014年 分子科学研究所 助教  

受賞歴

2010年 上原記念生命科学財団 海外リサーチフェローシップ   
2013年 日本生物物理学会 中部支部講演会 優秀発表者  

専門

分子生理学・生物物理学

主な研究テーマ

膜タンパク質の機能の違いを生み出すメカニズムの解明


代表的な論文・著書

  1. H. Tsukamoto, D. L. Farrens, M. Koyanagi, A. Terakita. The magnitude of the light-induced conformational change in different rhodopsins correlates with their ability to activate G proteins. Journal of Biological Chemistry 284, 20676-20683 (2009).
  2. H. Tsukamoto, A. Sinha, M. DeWitt, D. L. Farrens. Monomeric rhodopsin is theminimal functional unit required for arrestin binding. Journal of Molecular Biology 399, 501-511 (2010).
  3. H. Tsukamoto and A. Terakita. Diversity and functional properties of bistable pigments. Photochemical & Photobiological Sciences 9, 1435-1443 (2010).
  4. H. Tsukamoto, I. Szundi, J. W. Lewis, D. L. Farrens, D. S. Kliger. Rhodopsin in nanodiscs has native membrane-like photointermediates. Biochemistry 50, 5086-5091 (2011).
  5. H. Tsukamoto, D. L. Farrens. A constitutively activating mutation alters the  dynamics of a key conformational change in a ligand-free G protein-coupledreceptor. Journal of Biological Chemistry, 288, 28207-28216 (2013).