HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow谷中 冴子

研究者詳細

assist

谷中 冴子

やなか さえこ / YANAKA Saeko

TEL: 0564-59-5226
メールアドレス: saeko-yanaka_at_ims.ac.jp (_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 山手キャンパス 3号館3階西 

所属

生命・錯体分子科学研究領域 生体分子機能研究部門
生命創成探究センター 創成研究領域 生命分子動秩序創発研究グループ(併任)

略歴

2008年 東京大学工学部化学生命工学科 卒 
2010年 東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカルゲノム専攻 博士前期課程修了   
2013年 東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカルゲノム専攻 博士後期課程修了 博士(生命科学)
2011年-2013年 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2013年-2015年 (公財)サントリー生命科学財団 生物有機科学研究所 日本学術振興会特別研究員(PD) 
2015年4月-6月 京都大学大学院工学研究科分子工学専攻 日本学術振興会特別研究員(PD)  
2015年7月-10月 自然科学研究機構分子科学研究所 特任助教
2017年11月- 自然科学研究機構分子科学研究所 助教

受賞歴

2016年 日本生化学会中部支部、奨励賞
2016年 井上研究奨励賞
2013年 日本蛋白質科学会、若手奨励賞  
2013年 核磁気共鳴学会、若手ポスター賞Ⅰ
2011年 Merck Award for Young Biochemistry Researcher

専門

NMR, タンパク質工学

主な研究テーマ

抗体の動的な分子認識メカニズム解明を基盤とした動秩序形成の理解
キーワード ヒト主要組織適合複合体(MHC)、抗体

代表的な論文・著書

  1. Saeko Yanaka, Takamasa Ueno, Kouhei Tsumoto, and Kenji Sugase,
    “Revealing the peptide presenting process of the human leukocyte antigen through the analysis of fluctuation”, BIOPHYSICS. 11, 103-106 (2015)
  2. Saeko Yanaka, Takamasa Ueno, Yi Shi, Jianxun Gi, George F. Gao, Kouhei Tsumoto, and Kenji Sugase,
    “Peptide-dependent conformational fluctuation determines the stability of the human leukocyte antigen class Ⅰ complex”, J Biol Chem. 268, 24680-90 (2014)
  3. Saeko Yanaka, Emiko Sano, Norio Naruse, Kin-ichiro Miura, Mutsumi Futatsumori-Sugai, Jose M. M. Caaveiro, and Kouhei Tsumoto,
    “Non-core region modulates interleukin-11 signaling activity: Generation of agonist and antagonist variants”, J Biol Chem. 286, 8085 (2011)
  4. Saeko Yanaka, Motonori Kudou, Yoshikazu Tanaka, Takumi Sasaki, Sumiyo Takemoto, Atsuko Sakata, Yukio Hattori, Tomoyuki Koshi, Shiro Futaki, Kouhei Tsumoto, and Toshihiko Nakashima,
    “Contribution of the flexible loop region to the function of staphylococcal enterotoxin B”, Protein Eng Des Sel. 23, 415 (2010)