HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow古谷 祐詞

研究者詳細

assoc

古谷 祐詞

ふるたに ゆうじ / FURUTANI, Yuji

TEL: 0564-55-7330
メールアドレス: furutani_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 明大寺キャンパス 研究棟307号室

所属

生命・錯体分子科学研究領域 生体分子情報研究部門
協奏分子システム研究センター 階層分子システム解析研究部門(併任)

略歴

1999年 京都大学理学部 卒
2001年 京都大学大学院理学研究科生物科学専攻 博士前期課程修了
2004年 京都大学大学院理学研究科生物科学専攻 博士後期課程修了 博士(理学)
2003年 日本学術振興会 特別研究員(DC2)(~2005年)
2004年 日本学術振興会 特別研究員(PD)
2006年 名古屋工業大学大学院工学研究科 助手(2007年4月より助教) (~2008年)
2009年 分子科学研究所 准教授
     総合研究大学院大学 准教授
2011年 科学技術振興機構 さきがけ研究者 兼務(2015年3月まで)
 

受賞歴

2012年 分子科学研究奨励森野基金 
2013年 分子科学会奨励賞

主な研究テーマ

イオンチャネル、輸送体、受容体などの分子機構研究
キーワード 赤外分光法,膜タンパク質,イオンチャネル,トランスポーター
PDF Annual Review : PDF

代表的な論文・著書

  1. Y. Furutani, H. Shimizu, Y. Asai, T. Fukuda, S. Oiki and H. Kandori, “ATR-FTIR Spectroscopy Revealed the Different Vibrational Modes of the Selectivity Filter Interacting with K+ and Na+ in the Open and Collapsed Conformations of the KcsA Potassium Channel”, J. Phys. Chem. Lett. 3, 3806-10 (2012)
  2. Y. Furutani, T. Murata and H. Kandori, “Sodium or Lithium Ion-Binding-Induced Structural Changes in the K-ring of V-ATPase from Enterococcus hirae Revealed by ATR-FTIR Spectroscopy”, J. Am. Chem. Soc. 133, 2860-3 (2011)
  3. A. Inaguma, H. Tsukamoto, H. E. Kato, T. Kimura, T. Ishizuka, S. Oishi, H. Yawo, O. Nureki and Y. Furutani, “Chimeras of channelrhodopsin-1 and -2 from Chlamydomonas reinhardtii exhibit distinctive light-induced structural changes from channelrhodopsin-2”, J. Biol. Chem. 290 (18), 11623-34 (2015)
  4. H. Tsukamoto, I-S. Chen, Y. Kubo and Y. Furutani, “A Ciliary Opsin in the Brain of a Marine Annelid Zooplankton is ultraviolet-Sensitive and the Sensitivity is Tuned by a Single Amino Acid Residue”, J. Biol. Chem. 292, 12971-80 (2017).