HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow古谷 祐詞

研究者詳細

assoc

古谷 祐詞

ふるたに ゆうじ / FURUTANI, Yuji

TEL: 0564-55-7330
メールアドレス: furutani_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 明大寺キャンパス 研究棟307号室

所属

生命・錯体分子科学研究領域 生体分子情報研究部門
協奏分子システム研究センター 階層分子システム解析研究部門(併任)

略歴

1999年 京都大学理学部 卒   
2001年 京都大学大学院理学研究科生物科学専攻 博士前期課程修了    
2004年 京都大学大学院理学研究科生物科学専攻 博士後期課程修了 博士(理学)
2003年 日本学術振興会 特別研究員(DC2)    
2004年 日本学術振興会 特別研究員(PD)    
2006年 名古屋工業大学大学院工学研究科 助手(2007年4月より助教)    
2009年 分子科学研究所 准教授    
           総合研究大学院大学 准教授    
2011年 科学技術振興機構 さきがけ研究者 兼務(2015年3月まで)    
     

受賞歴

2012年 分子科学研究奨励森野基金 
2013年 分子科学会奨励賞

主な研究テーマ

赤外差スペクトル法による膜タンパク質の機能発現機構の研究
キーワード 赤外分光法,膜タンパク質,イオンチャネル,トランスポーター
PDF Annual Review : PDF

代表的な論文・著書

  1. Y. Furutani, T. Murata and H. Kandori, “Sodium or Lithium Ion-Binding-Induced Structural Changes in the K-ring of V-ATPase from Enterococcus hirae Revealed by ATR-FTIR Spectroscopy”, J. Am. Chem. Soc. 133, 2860-3 (2011)
  2. Y. Furutani, K. Fujiwara, T. Kimura, T. Kikukawa, M. Demura and H. Kandori, “Dynamics of Dangling Bonds of Water Molecules in pharaonis Halorhodopsin during Chloride Ion Transportation”, J. Phys. Chem. Lett. 3, 2964-9 (2012)
  3. Y. Furutani, H. Shimizu, Y. Asai, T. Fukuda, S. Oiki and H. Kandori, “ATR-FTIR Spectroscopy Revealed the Different Vibrational Modes of the Selectivity Filter Interacting with K+ and Na+ in the Open and Collapsed Conformations of the KcsA Potassium Channel”, J. Phys. Chem. Lett. 3, 3806-10 (2012)
  4. Y. Furutani, T. Kimura and K. Okamoto, “Development of a Rapid Buffer-Exchange System for Time-Resolved ATR-FTIR Spectroscopy with the Step-Scan Mode”, BIOPHYSICS, 9, 123-9 (2013)
  5. A. Inaguma, H. Tsukamoto, H. E. Kato, T. Kimura, T. Ishizuka, S. Oishi, H. Yawo, O. Nureki and Y. Furutani, “Chimeras of channelrhodopsin-1 and -2 from Chlamydomonas reinhardtii exhibit distinctive light-induced structural changes from channelrhodopsin-2”, J. Biol. Chem. 290 (18), 11623-34 (2015)