HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow草本 哲郎

研究者詳細

assoc

草本 哲郎

くさもと てつろう / KUSAMOTO, Tetsuro

TEL: 0564-59-5520
メールアドレス: kusamoto_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 山手キャンパス 3号館5F西

所属

生命・錯体分子科学研究領域 錯体物性研究部門

略歴

2003年 東京大学理学部化学科 卒
2005年 東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士前期課程修了
2010年 東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士後期課程修了 (理学博士)
2005年 ソニー株式会社
2007年 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2010年 理化学研究所 特別研究員
2011年 理化学研究所 基礎科学特別研究員
2012年 東京大学大学院理学系研究科 特任助教
2013年 東京大学大学院理学系研究科 助教
2019年 分子科学研究所 准教授
     総合研究大学院大学 准教授

受賞歴

2011年 第5回分子科学討論会 分子科学会優秀講演賞
2010年 東京大学大学院理学系研究科研究奨励賞
2008年 日本化学会 BCSJ賞

主な研究テーマ

開殻電子系分子を基に新しい光・電子・磁気物性を開拓する
キーワード Radical, Open-shell electronic states, Photonic-electronic-magnetic properties

代表的な論文・著書

  1. S. Kimura, T. Kusamoto, S. Kimura, K. Kato, Y. Teki, and H. Nishihara ‘‘Magnetoluminescence in a Photostable, Brightly Luminescent Organic Radical in a Rigid Environment’’ Angew. Chem. Int. Ed.57, 12711–12715 (2018).
  2. Y. Hattori, T. Kusamoto, and H. Nishihara ‘‘Enhanced Luminescent Properties of an Open-Shell (3,5-Dichloro-4-pyridyl)bis(2,4,6-trichlorophenyl)methyl Radical by Coordination to Gold’’ Angew. Chem. Int. Ed.54, 3731–3734 (2015).
  3. Y. Hattori, T. Kusamoto, and H. Nishihara ‘‘Luminescence, Stability, and Proton Response of an Open-Shell (3,5-Dichloro-4-pyridyl)bis(2,4,6-trichlorophenyl)methyl Radical’’ Angew. Chem. Int. Ed.53, 11845–11848 (2014).
  4. T. Kusamoto, H. M. Yamamoto, N. Tajima, Y. Oshima, S. Yamashita, and R. Kato ‘‘Bilayer Mott System with Cation···Anion Supramolecular Interactions Based on Nickel Dithiolene Anion Radical: Coexistence of Ferro- and Antiferro-magnetic Anion Layers and Large Negative Magnetoresistance’’ Inorg. Chem.52, 4759−4761 (2013).