HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow正岡 重行

研究者詳細

assoc

正岡 重行

まさおか しげゆき / MASAOKA, Shigeyuki

TEL: 0564-59-5587
FAX: 0564-59-5589
メールアドレス: masaoka_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 山手キャンパス 3号館4F西研究室3号室

所属

生命・錯体分子科学研究領域 錯体物性研究部門
協奏分子システム研究センター 機能分子システム創成研究部門(併任)

略歴

1999年 同志社大学工学部機能分子工学科 卒      
2001年 京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻 博士前期課程修了    
2004年 京都大学大学院工学研究科合成・生物化学専攻 博士後期課程修了 博士(工学)
2002年 日本学術振興会 特別研究員(DC2)   
2004年 英国リバプール大学 博士研究員   
2005年 九州大学大学院理学研究院 助手   
2007年 九州大学大学院理学研究院 助教   
2009年 科学技術振興機構 さきがけ研究者 兼務(2013年まで)
2011年 分子科学研究所 准教授  
           総合研究大学院大学 准教授  
2013年 名古屋大学 客員准教授 兼任
 

受賞歴

2011年 日本化学会第91春季年会 若い世代の特別講演会講演賞 
2016年 平成28年度日本学術振興会賞

主な研究テーマ

人工光合成システムの構築を志向した金属錯体化学
キーワード 金属錯体,人工光合成,触媒,酸素発生反応
PDF Annual Review : PDF

代表的な論文・著書

  1. M. Okamura, M. Kondo, R. Kuga, Y. Kurashige, T. Yanai, S. Hayami, V. K. K. Praneeth, M. Yoshida, K. Yoneda, S. Kawata, S. Masaoka, "A pentanuclear iron catalyst designed for water oxidation" Nature 530, 465 (2016).
  2. M. Yoshida, M. Kondo, S. Torii, K. Sakai, and S. Masaoka, "Oxygen Evolution Catalysed by a Mononuclear Ruthenium Complex bearing Pendant -SO3 Groups," Angew. Chem. Int. Ed., 54, 7981–7984 (2015).
  3. M. Yoshida, M. Kondo, T. Nakamura, K. Sakai, S. Masaoka, "Three Distinct Redox States of an Oxo-Bridged Dinuclear Ruthenium Complex" Angew. Chem. Int. Ed., 53, 11519 (2014).