HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow南谷 英美

研究者詳細

assoc

南谷 英美

みなみたに えみ / MINAMITANI, Emi

TEL: 0564-55-7301
メールアドレス: eminamitani_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 明大寺キャンパス 南実験棟413号室

所属

理論・計算分子科学研究領域 理論分子科学第一研究部門
メゾスコピック計測研究センター繊細計測研究部門(併任)
 

略歴

2005年 大阪大学工学部応用自然科学科 卒
2007年 大阪大学大学院工学研究科精密科学・応用物理学専攻 博士前期課程修了
2010年 大阪大学大学院工学研究科精密科学・応用物理学専攻 博士後期課程修了 (博士(工学))
2010年 日本学術振興会 特別研究員(PD)
2011年 理化学研究所基礎科学特別研究員
2013年 東京大学大学院工学系研究科 助教
2015年 東京大学大学院工学系研究科 講師
2017年 科学技術振興機構 さきがけ研究者 兼務(2021年まで)
2019年 分子科学研究所 准教授 総合研究大学院大学 准教授
             メゾスコピック計測研究センター繊細計測研究部門(併任)

受賞歴

2008年 ロレアル・ユネスコ女性科学者日本奨励賞
2011年 “6th International Symposium on Surface Science“ Best Poster Awards
2017年 日本物理学会 若手奨励賞
2018年 公益信託分子科学研究奨励森野基金
2019年 平成31年度科学技術分野の文部科学大臣表彰・若手科学者賞

主な研究テーマ

量子多体効果が織りなす新奇固体物性の理論研究
キーワード 量子多体効果、第一原理計算、数値くりこみ群、電子フォノン相互作用、磁性

代表的な論文・著書

  1. Emi Minamitani, Noriyuki Tsukahara, Daisuke Matsunaka, Yousoo Kim, Noriaki Takagi, Maki Kawai, “Symmetry-driven novel Kondo effect in a molecule”, Phys. Rev. Lett., 109 (2012) 086602.
  2. Emi Minamitani, Ryuichi Arafune, Noriyuki Tsukahara, Yoshitaka Ohda, Satoshi Watanabe, Maki Kawai, Hiromu Ueba, Noriaki Takagi “Surface phonon excitation on clean metal surfaces in scanning tunneling microscopy”, Phys. Rev. B93, 085411 (2016)
  3. E. Minamitani, N. Takagi, S. Watanabe, “Model Hamiltonian approach to the magnetic anisotropy of iron phthalocyanine at solid surfaces”, Phys. Rev. B94, 205402 (2016).
  4. R. Hiraoka, E. Minamitani, R. Arafune, N. Tsukahara, S. Watanabe, M. Kawai, and N. Takagi, “Single-Molecule Quantum Dot as a Kondo Simulator”, Nat. Commun., 8 16012 (2017).
  5. Emi Minamitani, Ryuichi Arafune, Thomas Frederiksen, Tetsuya Suzuki, Syed Mohammad Fakruddin Shahed, Tomohiro Kobayashi, Norifumi Endo, Hirokazu Fukidome, Satoshi Watanabe, Tadahiro Komeda “Atomic-scale characterization of the interfacial phonon in graphene/SiC” Phys. Rev. B96, 155431 (2017)