HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow柳井 毅

研究者詳細

assoc

柳井 毅

やない たけし / YANAI, Takeshi

TEL: 0564-55-7301
メールアドレス: yanait_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 明大寺キャンパス 南実験棟413号室

所属

理論・計算分子科学研究領域 理論分子科学第一研究部門

略歴

1997年 東京大学工学部応用化学科卒
1999年 東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻 修士課程修了    
2001年 東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻 博士課程修了 博士(工学)
1999年 日本学術振興会 特別研究員(DC1)   
2001年 日本学術振興会 特別研究員(PD切替)東京大学   
2002年 日本学術振興会 特別研究員(PD)米国Pacific Northwest国研,
           米国Oak Ridge国研   
2003年 米国Oak Ridge国研 博士研究員   
2005年 米国Cornell大学 化学科 博士研究員   
2007年 分子科学研究所 准教授   
           総合研究大学院大学 准教授  

受賞歴

2008年 Chemical Physics Letters Most Cited Paper 2003-2007 Award     
2009年 The Wiley-International Journal of Quantum Chemistry Young
           Investigator Award     
2013年 Laureate, International Academy of Quantum Molecular Science     
2013年 分子科学会奨励賞    

主な研究テーマ

新しい多電子理論と化学への応用
キーワード 電子状態理論,計算化学,擬縮重電子系
PDF Annual Review : PDF

代表的な論文・著書

1. W. Mizukami, Y. Kurashige, T. Yanai “More π Electrons Make a Difference: Emergence of Many Radicals on Graphene Nanoribbons Studied by Ab Initio DMRG Theory,” J. Chem. Theo. Comp. 9, 401-407 (2012).

2. Y. Kurashige, G. K-L. Chan, and T. Yanai, “Entangled quantum electronic wavefunctions of the Mn4CaO5 cluster in photosystem II,”  Nature Chem. 5, 660-666 (2013).

3. M. Saitow, Y. Kurashige, and T. Yanai, “Highly scalable multireference configuration interaction theory with internal contraction of density matrix renormalization group wave function,”  J. Chem. Phys. 139, 044118 (15 pages) (2013).