HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow青野 重利

研究者詳細

prof

青野 重利

あおの しげとし / AONO, Shigetoshi

TEL: 0564-59-5575
FAX: 0564-59-5576
メールアドレス: aono_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 山手キャンパス 2号館3F 東研究室3号室

所属

生命創成探究センター 創成研究領域 金属生命科学研究グループ
生命・錯体分子科学研究領域 生体分子機能研究部門(併任)
協奏分子システム研究センター 生体分子システム研究部門(併任)

略歴

1982年 東京工業大学工学部化学工学科 卒
1984年 東京工業大学大学院理工学研究科化学工学専攻 修士課程修了
1987年 東京工業大学大学院理工学研究科化学工学専攻 博士課程修了 博士(工学)
1987年 日本学術振興会 特別研究員 (PD)
1988年 米国ジョージア大学 博士研究員
1989年 東京工業大学工学部 助手
1990年 東京工業大学生命理工学部 助手
1994年 北陸先端科学技術大学院大学材料科学研究科 助教授
2002年 岡崎統合バイオサイエンスセンター(2018年3月まで)
     分子科学研究所 教授
     総合研究大学院大学 教授
2018年 生命創成探究センター 教授

主な研究テーマ

新規な機能を有する金属タンパク質の構造と機能
キーワード 金属タンパク質,センサータンパク質,ヘムタンパク質,ヘム
PDF Annual Review : PDF

代表的な論文・著書

  1. “Protein Dynamics of the Sensor Protein HemAT as Probed by Time-Resolved Step-Scan FTIR Spectroscopy,” A. Pavlou, H. Yoshimura, S. Aono, E. Pinakoulaki, Biophys. J. 114, 584-591 (2018).
  2. “Probing the role of the heme distal and proximal environment in ligand dynamics in the signal transducer protein HemAT by time-resolved step-scan FTIR and  resonance Raman spectroscopy,” A. Pavlou, A. Loullis, H. Yoshimura, S. Aono, E. Pinakoulaki, Biochemistry, 56, 5309-5317 (2017). 
  3. “Structural characterization of heme environmental mutants of CgHmuT that shuttles heme molecules to heme transporters,” N. Muraki, C. Kitatsugi, M. Ogura, T. Uchida, K. Ishimori, S. Aono, Int. J. Mol. Sci.17, 829 (10pages) (2016).
  4. “Structural Basis for Heme Recognition by HmuT Responsible for Heme Transport to the Heme Transporter in Corynebacterium glutamicum,” N. Muraki, S. Aono, Chem. Lett.45, 24-26 (2015).
  5. “Heme-binding properties of HupD functioning as a substrate-binding protein in a heme-uptake ABC-transporter system in Listeria monocytogenes,” Y. Okamoto, H.
    Sawai, M. Ogura, T. Uchida, K. Ishimori, T. Hayashi, S. Aono, Bull. Chem. Soc. Jpn.87, 1140-1146 (2014).
  6. “The Dos family of globin-related sensors using PAS domains to accommodate haem acting as the active site for sensing external signals,” S. Aono, Adv. Microbial Physiol.63, 273-327 (2013).