HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow岡崎 圭一

研究者詳細

res_assoc

岡崎 圭一

おかざき けいいち / OKAZAKI, Kei-ichi

TEL: 0564-55-7303
メールアドレス: keokazaki_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 明大寺キャンパス 南実験棟414号室

所属

理論・計算分子科学領域 理論・計算分子科学研究部門

略歴

2004年 京都大学理学部 卒
2006年 神戸大学大学院自然科学研究科化学専攻 修士課程修了
2009年 神戸大学大学院自然科学研究科分子物質科学専攻 博士課程修了(理学博士)
2007年 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2009年 日本学術振興会 特別研究員(PD)
2009年 早稲田大学理工学術院 博士研究員
2010年 早稲田大学理工学術院 非常勤講師
2011年 米国国立衛生研究所 博士研究員
2012年 日本学術振興会 海外特別研究員
2013年 マックスプランク生物物理学研究所 博士研究員
2016年 分子科学研究所 特任准教授

受賞歴

2014年 日本生物物理学会 若手奨励賞

専門

理論生物物理

主な研究テーマ

生体分子マシンの機能ダイナミクスを理論的手法で解明し、デザインする
キーワード 理論生物物理、分子モーター、トランスポーター、バイオエナジェティクス、分子シミュレーション
PDF Annual Review : PDF

代表的な論文・著書

  1. K. Okazaki, D. Wöhlert, J. Warnau, H. Jung, Ö. Yildiz, W. Kühlbrandt and G. Hummer “Mechanism of the electroneutral sodium/proton antiporter PaNhaP from transition-path shooting”, Nature Communications 10, 1742, doi:10.1038/s41467-019-09739-0 (2019)
  2. A. Nakamura, K. Okazaki, T. Furuta, M. Sakurai and R. Iino, “Processive chitinase is Brownian monorail operated by fast catalysis after peeling rail from crystalline chitin.” Nature Commun. 9, 3814, doi:10.1038/s41467-018-06362-3 (2018).
  3. 岡崎圭一 “F1-ATPaseの機能的運動のマルチスケールな解析:リン酸解離からγサブユニット回転の弾性・摩擦まで.” 生物物理 55:208-209 (2015).
  4. K. Okazaki & G. Hummer, “Elasticity, friction, and pathway of gamma-subunit rotation in FoF1-ATP synthase.” Proc. Natl. Acad. Sci. U S A 112:10720-10725 (2015).
  5. K. Okazaki & G. Hummer, “Phosphate release coupled to rotary motion of F1-ATPase.” Proc. Natl. Acad. Sci. U S A 110:16468-16473 (2013).