HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow石崎 章仁

研究者詳細

prof

石崎 章仁

いしざき あきひと / ISHIZAKI, Akihito

TEL: 0564-55-7310
FAX: 0564-53-4660
メールアドレス: ishizaki_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 明大寺キャンパス 南実験棟410号室

所属

理論・計算分子科学研究領域 理論分子科学第二研究部門

略歴

2008年 京都大学大学院理学研究科博士課程修了、博士(理学)
2008年 カリフォルニア大学バークレー校化学部化学科にて日本学術振興会海外特別研究員
2010年 ローレンス・バークレー国立研究所 物理生物科学部門博士研究員
2012年3月 分子科学研究所 特任准教授
2013年2月~6月 ベルリン高等研究所フェロー
2013年10月~2014年3月 京都大学大学院理学研究科化学専攻非常勤講師
2016年4月 分子科学研究所 教授
      総合研究大学院大学 教授
      名古屋大学大学院理学研究科 客員教授

受賞歴

2015年 第10回凝縮系科学賞
2015年 日本物理学会 第10回若手奨励賞
2016年 第18回サー・マーティン・ウッド賞
2017年 平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰・若手科学者賞
2017年 HFSP Young Investigator Grant (with Prof. G. S. Schlau-Cohen and Dr. M. Jonhson)
 

主な研究テーマ

凝縮相における化学動力学の理論
キーワード 光合成光捕獲系,凝縮相化学量子動力学理論,エネルギー移動・電荷移動反応,分子世界の自律性
PDF Annual Review : PDF

代表的な論文・著書

  1. A. Ishizaki & G. R. Fleming, “Unified treatment of quantum coherent and incoherent hopping dynamics in electronic energy transfer,” J. Chem. Phys. 130, 234111 (2009); (10 pages).
  2. A. Ishizaki & G. R. Fleming, “Theoretical examination of quantum coherence in a photosynthetic system at physiological temperature,” Proc. Natl. Acad. Sci. USA 106, 17255-17260 (2009).
  3. M. Sarovar, A. Ishizaki, G. R. Fleming & K. B. Whaley, “Quantum entanglement in photosynthetic light-harvesting complexes,” Nature Physics 6, 462-467 (2010).
  4. A. Ishizaki, T. R. Calhoun, G. S. Schlau-Cohen & G. R Fleming, “Quantum coherence and its interplay with protein environments in photosynthetic electronic energy transfer,” Phys. Chem. Chem. Phys. 12, 7319-7337 (2010).
  5. G. S. Schlau-Cohen, A. Ishizaki, Tessa R. Calhoun, Naomi S. Ginsberg, Matteo Ballottari, Roberto Bassi & Graham R. Fleming, “Elucidations of timescales and origins of quantum electronic coherence in LHCII,” Nature Chemistry 4, 389-395 (2012).