緊急のお知らせ

分子科学研究所

サイト内検索

研究・研究者

研究成果の紹介

1 | 2 ≫過去一覧

分子科学研究所の各研究グループによって実施された、最先端の研究成果の例をご紹介します。(分子研レターズより抜粋)

電解質の電位を測る:気体存在下の光電子分光

横山 利彦[物質分子科学研究領域・教授 ](レターズ85・2022.3発行)
2002年1月に分子研に着任以来、もうすぐ20年となりました。この年月は、 ......続きを読む(PDF)

両親媒性高分子担持触媒の創製:「雨宿り効果」による水中での反応駆動

魚住 泰広[生命・錯体分子科学研究領域・教授](レターズ84・2021.9発行)
2000年に分子研に着任して以来、気がつけばすでに20年以上の年月を過ごしてきました。そして着任時には ......続きを読む(PDF)

見えてきた柔らかな物質系の電子状態の特徴

解良 聡[光分子科学研究領域・教授](レターズ83・2021.3発行)
情報化社会、エネルギー・環境問題から、既存の無機材料を駆使するだけでは解決困難な課題が人類に突きつけられている。一方で、分子の半導体機能を......続きを読む(PDF)

分子シミュレーションによる生体分子マシンの機能ダイナミクス解明とその制御

岡崎 圭一[理論・計算分子科学研究領域・特任准教授](レターズ82・2020.9発行)
私が研究の対象としているモータータンパク質やトランスポータータンパク質は、生体分子マシンと呼ばれている。「生体分子......続きを読む(PDF)

放射光の時空間構造とその応用の可能性

加藤 政博[極端紫外光研究施設・特任教授](レターズ81・2020.3発行)
放射光は、今日、レーザーと並び基礎学術から産業応用まで幅広い領域で分析用光源として利用されている。一様な磁場中で高エネルギーの自由電子が......続きを読む(PDF)

高温超伝導の解明に向けて

田中 清尚[極端紫外光研究施設・准教授](レターズ80・2019.9発行)
1980 年代の終わり、私が小学生の頃、21世紀の未来という内容の本を目にした記憶がある。そこには空飛ぶ車や超高速鉄道などが描かれており、子供心に......続きを読む(PDF)

新規電気化学デバイスへの創製

小林 玄器[物質分子科学研究領域・准教授](レターズ79・2019.3発行)
固体の中を高速でイオンが動き回る 物質をイオン導電体と言い、これらの 物質を扱う研究分野が固体イオニクス である。1950 年代に銀や銅の......続きを読む(PDF)