HOME arrow利用案内 arrow利用ガイド

利用ガイド

分子科学研究所は、大学共同利用機関として、日本全国の分子科学および関連分野の研究者の方々に対して、研究教育活動をサポートする様々な取り組みを行っています。分子研が提供する「共同利用」としては、現在、主に以下の3つのかたちがあります。

1)共同研究:
  分子研内部の研究者と緊密に連携・協力して、研究を進めて頂くことができます。
2)研究会:
  岡崎コンファレンスセンターなどの施設を利用して、研究集会等を実施して頂けます。
3)施設利用:
  分子研が保持する各種大型施設や先端的設備を利用して、研究を進めて頂けます。

これら「共同利用」は、主に大学および国・公立研究所等の研究者の方向けで、すべて無料でご利用頂けます。限られた枠内ですが、研究費や旅費の支援もあります。下記の「共同利用の流れ」に沿って、ご利用下さい。計算科学研究センターの電子計算機をご利用になりたい方は、別途、こちらからお申込み下さい。

1)および3)には、大学共同利用機関としての通常の「共同利用」と、文部科学省の研究施設共用イノベーション創出事業である「ナノテクノロジープラットフォーム」の枠内で実施されるものがあります。どちらの場合も、利用の仕方は「共同利用の流れ」に示す通りです。

企業の研究者の方は、主に「ナノテクノロジープラットフォーム」の枠内でご利用頂けます。「ナノテクノロジープラットフォーム」に関しましては、詳細はこちらへ。また、受託研究等に関しても対応しておりますので、分子研内の各研究者とご相談下さい。
 

共同利用の流れ(申請から報告まで)

利用の流れは、下図のようになっています。

web-s.jpg
 

採否(受け入れの可否)の決定

上記の1)~3)全て、Web申請にて受け付けております。「ログインページへ」より、申請ください。
なお、申請に際しては、所属長からの「共同利用研究申込承諾書(様式1)」を別途郵送してください。

【申請等に関するお問い合わせ先】
電話:0564-55-7133 E-Mail:r7133@orion.ac.jp
自然科学研究機構 岡崎統合事務センター 総務部国際研究協力課 共同利用係

web申請に関するお問い合わせは,E-mailでお願いします。

 

採否(受け入れの可否)の決定

運営会議の議を経て所長が決定します。ただし、施設利用については当該施設長が決定します。
通常の定期申請では、研究期間開始の1ヶ月程度前までに、採否の決定結果をお知らせします。
随時申請では、申請後1ヶ月程度までに、採否の決定結果をお知らせします。

受け入れが決まりましたら、公募要項を参照頂き、下記に該当する場合は必要な手続きを行って下さい。
大学院学生及び学部学生が共同利用のため来所する場合
UVSOR施設、放射線発生装置等を使用する場合
UVSORストレージリング室内で、実験試料又は化学薬品を使用する場合

実施

実際の実施に当たっては、1)「共同研究」および、2)「研究会」の場合は、分子研の受け入れ担当研究者とご相談下さい。3)「施設利用」の場合は、各施設の利用の手引きをご覧になり、担当者にお問い合わせ下さい。
UVSOR
機器センター
装置開発室
ナノテクノロジープラットフォーム

宿泊が必要な場合は、共同利用研究者宿泊施設を利用できます。担当者にお問い合わせください。
 

報告書の提出

実施後は、報告書をご提出頂きます。