HOME arrow利用案内 arrow謝辞記載のお願い

謝辞記載のお願い

分子科学研究所共同利用研究による研究成果を論文や学会等で発表する際には謝辞の記載をお願いいたします。なお、課題番号は採択通知に記載してあります。
 

分子研の各施設英語表記名は下記をご覧下さい。https://www.ims.ac.jp/en/research/shisestu.html

 

【ナノプラット事業による課題(機器センター等)】
http://nanoims.ims.ac.jp/acknowledgment.html を参照ください。

 

【協力研究】
(和文例)
本研究は、分子科学研究所共同利用研究(課題番号:***)の助成を受けたものである。

 

(英文例)
This research was supported by Joint Research by Institute for Molecular Science (IMS). (IMS program No,***)

 

【施設利用】
(和文例)
・本研究は、分子科学研究所xxxセンターの施設利用(課題番号:***)を受けたものである。

・本研究は、分子科学研究所xxxセンターの支援を受けたたものである。

 

(英文例)
A part of this work was performed with the aid of xxx Center, Inst. Mol. Sci. Okazaki (IMS program No,***).
A part of this work was performed with the aid of xxx Center, Inst. Mol. Sci. Okazaki.
A part of this work was performed at the BL** of UVSOR Synchrotron Facility, Inst. Mol. Sci. Okazaki (IMS program No,***).

 

【計算科学研究センター】
https://ccportal.ims.ac.jp/information をご参照ください。