HOME arrow利用案内 arrow共同研究概要

共同研究概要

共同研究を行いたい方へ

理論・計算手法、先端計測法、新規物質合成法の開発等の共同研究を受け付けております。企業の方もご相談ください。
共同研究を行いたい方は教員に直接連絡をおとりください。
各教員の研究内容および連絡先は下記よりご覧ください。

>>理論・計算   >>先端計測   >>新規物質開発 >>生体関連

大学共同利用機関の共同利用研究として、
【課題研究】【協力研究】
という枠組みを設けております。また、ナノプラットフォームに関する共同研究も受け付けております。

joint_research_pic
 

課題研究

数名の研究者により特定の課題について行われる研究です (共同利用研究者に外国人研究職員(客員)候補を含めることができます)。申込みに当たっては、所内の教授又は准教授と十分協議してください。

研究期間

1年以上3年以内
(2年以上継続する場合でも年度ごとに運営会議共同研究専門委員会において採否を審査します。)

提案代表者

所内、所外の研究者を問いません。
ただし、提案者の中に少なくとも所内の教授又は准教授1名が参加していなければなりません。

内容等の説明

研究内容、所要経費等について、運営会議共同研究専門委員会で説明していただくことがあります。

研究報告書

提案代表者は、毎年度終了後30日以内に課題研究実施報告書を所長へ提出していただきます。また、年度末開催予定の運営会議共同研究専門委員会において、その研究概要を報告していただきます。なお、最終年度に、研究成果を「分子研レターズ」に寄稿していただきます。

協力研究

所内(岡崎統合バイオサイエンスセンターを含む)の教授又は准教授と協力して行われる研究です(原則として1対1による)。申込みに当たっては、所内の教授又は准教授と十分協議してください。

研究期間

以下の期間内に研究を実施するように計画して下さい。
 通年:4月1日から翌年3月31日まで
 前期:4月1日から9月30日まで
 後期:10月1日から翌年3月31日まで

内容等の説明

研究内容、所要経費等について、運営会議共同研究専門委員会で説明していただくことがあります。

研究報告書

提案者は、研究終了後30日以内に協力研究実施報告書を所長へ提出していただきます。 

公募要項についてはこちらからご確認ください