HOME arrow人事公募 arrow 助教の分子研における研究期間について*

助教の分子研における研究期間について*

助教の研究の発展と分子科学分野の高い人事流動性を担保するため、助教には6年を目途に転出することを強く推奨する。このため、研究期間が6年目の助教、及び研究期間が6年を超える助教に対しては、以下のような方法で研究業績の報告を義務付け、本人のみならず所属研究グループの教授あるいは准教授に最大限の転出の努力を促す。


*この制度は分子研設立以来踏襲してきたのものである。
*分子科学研究所特別研究員(特任助教)から引き続き助教に着任した場合、特任助教の在職期間の2分の1に相当する期間を助教の研究期間に通算する。


【研究業績の報告】

  1. 当該助教の属する研究主幹、あるいは、施設の研究施設長は、毎年、主幹・施設長会議において、当人の研究業績の報告、及び転出努力の経緯の説明を行い、研究期間延長の承認を受ける。
  2. 主幹・施設長会議で承認された後、当該助教の所属研究グループの教授あるいは准教授は、教授会議において当人の研究業績等の報告、及び転出努力の経緯の説明を行い、研究期間延長の承認を受ける。