HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow伊藤 暁

研究者詳細

assist

伊藤 暁

いとう さとる / ITOH, Satoru

TEL: 0564-59-5216
メールアドレス: itoh_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 山手キャンパス 2号館2階東

所属

理論・計算分子科学研究領域 計算分子科学研究部門
生命創成探究センター 創成研究領域 生命分子動態シミュレーション研究グループ(併任)

略歴

2000年 静岡大学理学部 物理学科卒業
2002年 静岡大学大学院理工学研究科物理学専攻博士前期課程修了
2005年 総合研究大学院大学数物科学研究科機能分子科学専攻修了
2005年 ナノサイエンス実証研究 産学官連携研究員
2006年 ナノ統合拠点 専門研究員
2008年 米国立衛生研究所 客員研究員
2010年 分子科学研究所  助教

専門

理論生物物理学・分子シミュレーション

主な研究テーマ

(1) 生体分子構造・機能に関する研究
(2) 新たなシミュレーション手法の開発

代表的な論文・著書

  1. S. G. Itoh and Y. Okamoto, “Effective sampling in the configurational space by the multicanonical-multioverlap algorithm”, Phys. Rev. E 76, 026705 (2007).
  2. S. G. Itoh and Y. Okamoto, “Amyloid-β(29-42) dimer formations studied by a multicanonical-multioverlap molecular dynamics simulation”, J. Phys. Chem. B 112, 2767 (2008).
  3. S. G. Itoh, H. Okumura, and Y. Okamoto, “Replica-Exchange Method in van der Waals Radius Space: Overcoming Steric Restrictions for Biomolecules”, J. Chem. Phys. 132, 134103 (2010).
  4. S. G. Itoh, A. Tamura, and Y. Okamoto, “Helix-Hairpin Transitions of a Designed Peptide Studied by a Generalize-Ensemble Simulation”, J. Chem. Theory Comput. 6, 979 (2010).
  5. S. G. Itoh, A. Damjanović and B. R. Brooks, “pH Replica-Exchange Method Based on Discrete Protonation States”, Proteins 79, 3420 (2011).