HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow岡崎 圭一

研究者詳細

assoc

岡崎 圭一

おかざき けいいち / OKAZAKI, Kei-ichi

TEL: 0564-55-7468
メールアドレス: keokazaki_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 明大寺キャンパス 計算科学研究センター棟228号室

所属

計算科学研究センター
併任:理論・計算分子科学研究領域 計算分子科学研究部門

略歴

2004年 京都大学理学部 卒
2006年 神戸大学大学院自然科学研究科化学専攻 修士課程修了
2009年 神戸大学大学院自然科学研究科分子物質科学専攻 博士課程修了(理学博士)
2007年 日本学術振興会 特別研究員(DC2)受入先:神戸大学
2009年 日本学術振興会 特別研究員(PD)受入先:早稲田大学
2010年 早稲田大学理工学術院 非常勤講師
2012年 日本学術振興会 海外特別研究員 受入先:米国国立衛生研究所、
マックスプランク生物物理学研究所
2014年 マックスプランク生物物理学研究所 博士研究員
2016年 分子科学研究所 特任准教授(2020年11月まで)
2020年12月 計算科学研究センター 准教授

受賞歴

2014年 日本生物物理学会 若手奨励賞

専門

理論生物物理

主な研究テーマ

生体分子マシンの機能ダイナミクスを理論的手法で解明し、デザインする
キーワード 理論生物物理、分子モーター、トランスポーター、バイオエナジェティクス、分子シミュレーション
PDF Annual Review : PDF

代表的な論文・著書

  1. K. Okazaki, A. Nakamura and R. Iino “Chemical-State-Dependent Free Energy Profile from Single-Molecule Trajectories of Biomolecular Motors: Application to Processive Chitinase”, J. Phys. Chem. B 124, 30, 6475−6487 (2020)
  2. 岡崎圭一「分子シミュレーションによるNa+/H+交換輸送体のメカニズム解明と輸送速度を上げる改変」, 生物物理 60(2), 102-104 (2020)
  3. M. I. Mahmood, H. Noguchi and K. Okazaki “Curvature induction and sensing of the F-BAR protein Pacsin1 on lipid membranes via molecular dynamics simulations”, Scientific Reports 9, 14557, doi: 10.1038/s41598-019-51202-z (2019)
  4. K. Okazaki, D. Wöhlert, J. Warnau, H. Jung, Ö. Yildiz, W. Kühlbrandt and G. Hummer “Mechanism of the electroneutral sodium/proton antiporter PaNhaP from transition-path shooting”, Nature Communications 10, 1742, doi:10.1038/s41467-019-09739-0 (2019)
  5. A. Nakamura, K. Okazaki, T. Furuta, M. Sakurai and R. Iino, “Processive chitinase is Brownian monorail operated by fast catalysis after peeling rail from crystalline chitin.” Nature Commun. 9, 3814, doi:10.1038/s41467-018-06362-3 (2018).
  6. 岡崎圭一 “F1-ATPaseの機能的運動のマルチスケールな解析:リン酸解離からγサブユニット回転の弾性・摩擦まで.” 生物物理 55:208-209 (2015).
  7. K. Okazaki & G. Hummer, “Elasticity, friction, and pathway of gamma-subunit rotation in FoF1-ATP synthase.” Proc. Natl. Acad. Sci. U S A 112:10720-10725 (2015).
  8. K. Okazaki & G. Hummer, “Phosphate release coupled to rotary motion of F1-ATPase.” Proc. Natl. Acad. Sci. U S A 110:16468-16473 (2013).