HOME arrow 研究 arrow 研究グループ一覧 arrow 山本グループ

協奏分子システム研究センター山本グループ

山本グループ_メインイメージ
場所:明大寺キャンパス 研究棟3F
Annual Review : こちら
研究室ホームページ : こちら

有機エレクトロニクス、有機FET、強相関電子系、超伝導、モット絶縁体、超分子、ナノワイヤー

分子を使った新しいエレクトロニクスを開拓する

新しいエレクトロニクスの担い手としてπ電子が注目を集めています。軽くて曲げられるトランジスタとして最近盛んに研究されている有機トランジスタ(Organic Field Effect Transistor = OFET)や、2010年にノーベル賞を受賞したグラフェンなどがその代表例と言えるでしょう。我々の研究室では、π電子による新しいエレクトロニクスの創成を目指して、これまでとは違った独創的なデバイスを提案・実現していこうと研究に取り組んでいます。具体的には、以下の2つのテーマについて研究を行っています。

(1)π電子エレクトロニクスの中でも非常に特異な性質をもつ、「強相関π電子」を使ったトランジスタの開発に取り組んでいます。強相関電子系というのは、電子間のクーロン相互作用が強く働き、通常の伝導電子とは異なった振る舞いをする電子系のことで、ほんの少し電子濃度を増やしたり減らしたりするだけで、急に電子が固まって絶縁体になったり、急に流れ出して金属になったりします。(不思議なことに、YBa2Cu3O7─δなどの銅酸化物高温超伝導体の伝導電子はこの仲間に属することが分かっています。)そしてFET構造の仕組みを利用して有機物界面の「強相関電子」の濃度を変化させてやると、上に述べたような現象が実際に起こって、絶縁体を金属や超伝導にスイッチ(相転移)させることが出来ます。我々は世界で初めて、こうした相転移をOFET界面において観測することに成功しました。また最近は、超伝導のON/OFFを光で制御するデバイスの実現にも成功しています。

(2)近年、半導体微細加工技術が進展し、回路のハーフピッチが20 nmに近付いてきました。あともう少し回路の微細化が進むと、結晶中の分子間ピッチと同程度のサイズでパターニングが出来るようになります。回路がここまで小さくなると、分子1つを素子と見なす「分子素子」の考え方が有効になってきます。分子の形は有機合成によって非常に微細に制御できる上に、一度に1023個程度の大量の素子合成ができるため、分子素子が実現すれば安価で大容量のメモリが作製できる可能性があります。

しかしながら、こうした分子素子に対しては配列・配線技術が未だに確立していません。そこでこれに応える一つの解として、結晶性のナノワイヤー配線に取り組んでいます。結晶中では、同じ構造パターンが3次元的に繰り返していますから、分子素子とナノワイヤーを同時に結晶化出来れば、結晶そのものが大規模のメモリーとなる仕掛けです。これまでに伝導性のワイヤーを超分子で絶縁被覆した結晶構造(右図)の構築と、その物性評価に成功しました。今後は3次元配線のための重要なステップとして、直交ナノワイヤーによるcross-bar構造の構築に取り組んでいきます。
 

f1_2016.jpgy2_2016.jpg

 

左図:有機モットFETにおける超伝導転移の概念図。このデバイスの場合は、紫外光を当てると有機モット絶縁体が超伝導に転移し、可視光照射で元に戻る。
右図:超分子ナノワイヤーのCPKモデルによる構造図。中央の黄色い分子が伝導性の1次元分子鎖を形成し、その周囲を緑色の絶縁分子が被覆している。

 

参考文献

  1. M. Suda, R. Kato, and H. M. Yamamoto "Light-induced superconductivity using a photo-active electric double layer" Science,347, 743-746 (2015).
  2. H. M. Yamamoto, M. Nakano, M. Suda, Y. Iwasa, M. Kawasaki and R. Kato
    "A strained organic field-effect transistor with a gate-tunable superconducting channel" Nature Commun. 4, 2379/1–2379/7 (2013)  
  3. H. M. Yamamoto, Y. Kosaka, R. Maeda, J. Yamaura, A. Nakao, T. Nakamura, and R. Kato “Supramolecular Insulating Networks Sheathing Conducting Nanowires Based on Organic Radical Cations” ACS Nano, 2(1), 143-155 (2008).