緊急のお知らせ

分子科学研究所

サイト内検索

研究・研究者

研究グループ詳細

物質分子科学研究領域

横山グループ


グループリーダー

横山グループ_メインイメージ

研究テーマ

物質分子科学のための新しい分光法の開発

キーワード

表面薄膜磁性、分子磁性、磁気顕微鏡、表面分光


現代の物質科学は高性能だけでなく安全安心などさまざまな観点から調和のとれた物質材料の創製を求められており、物質材料・素子の特性を詳細に評価・解析し、よりよい物質材料設計を行う必要があります。そのため、物質材料を解析する手法の空間分解能や時間分解能がますます求められています。我々は、主に大型加速器から放射されるX線(シンクロトロン放射光)を用いた分光学的手法に基づいた新しい測定手法の開発とその応用に取り組んでいます。

我々は、2017年に大気圧下でのX線光電子分光測定に世界で初めて成功しました。光電子分光法は、通常高真空下での測定が必須ですが、エネルギーの大きい硬X線を用いることなどで、1気圧までの測定が可能な光電子分光装置が開発できました。これを用いて、燃料電池の動作下での状態解析により性能の失活機構や被毒の原因究明などを行っています。

また、X線自由電子レーザーを用いた高速時間分解軟X線吸収分光測定を手掛けており、100フェムト秒以下の時間分解能で磁性薄膜の高速磁化反転ダイナミクス解析を行い、元素による磁化反転時間の相違の検証などに成功しています。

 

y_202105.png

Ambient pressure hard x-ray photoelectron spectroscopic system.

(a) Apparatus installed at SPring-8 Beamline 36XU. (b) Au 4f HAXPES of Au(111) at a real ambient pressure of 105 Pa. (c) S 1s HAXPES of the anode Pt and Pt3Co electrodes of aged (fresh) and degraded polymer electrolyte fuels cells under working conditions. The Pt3Co electrode is found to be more tolerant against S than the Pt electrode. (d) Quick HAXPES measurements of the cathode Pt of the polymer electrolyte fuels cells upon abrupt change of the cathode-anode voltage from 0.4 to 1.2 V. The time resolution is 500 ms.

参考文献

  1. “Quick Operando Ambient Pressure Hard X-ray Photoelectron Spectroscopy for Reaction Kinetic Measurements of Polymer Electrolyte Fuel Cells” T. Nakamura, Y. Takagi, S. Chaveanghong, T. Uruga, M. Tada, Y. Iwasawa And T. Yokoyama, J. Phys. Chem. C 124, 17520 (2020).
  2. “X-ray photoelectron spectroscopy under real ambient pressure conditions” Y. Takagi, T. Nakamura, L. Yu, S. Chaveanghong, O. Sekizawa, T. Sakata, T. Uruga, M. Tada, Y. Iwasawa and T. Yokoyama, Appl. Phys. Exp. 10, 076603 (2017).
  3. “Dynamics of Photoelectrons and Structural Changes of Tungsten Trioxide Observed by Femtosecond Transient XAFS” Y. Uemura, D. Kido, Y. Wakisaka, H. Uehara, T. Ohba, Y. Niwa, S. Nozawa, T. Sato, K. Ichiyanagi, R. Fukaya, S. Adachi, T. Katayama, T. Togashi, S. Owada, K. Ogawa, M. Yabashi, K. Hatada, S. Takakusagi, T. Yokoyama, B. Ohtani, and K. Asakura, Angew. Chem. Int. Ed. 55, 1364 (2016).
  4. “Anharmonicity and Quantum Effects in Thermal Expansion of an Invar Alloy” T. Yokoyama and K. Eguchi, Phys. Rev. Lett. 107, 065901 (2011).
  5. “Magnetic circular dichroism near the Fermi level” T. Nakagawa and T. Yokoyama, Phys. Rev. Lett. 96, 237402 (2006).

ラボスタッフ