HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow秋山 修志

研究者詳細

prof

秋山 修志

あきやま しゅうじ / AKIYAMA, Shuji

TEL: 0564-55-7363
メールアドレス: akiyamas_at_ims.ac.jp (_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 明大寺キャンパス 南実験棟313号室

所属

協奏分子システム研究センター 階層分子システム解析研究部門
生命・錯体分子科学研究領域 生体分子情報研究部門(併任)
 

略歴

1997年 京都大学工学部工業化学科 卒       
1999年 京都大学大学院工学研究科分子工学専攻 博士前期課程修了     
2002年 京都大学大学院工学研究科分子工学専攻 博士後期課程修了 博士(工学)
2001年 日本学術振興会特別研究員(DC2)    
2002年 日本学術振興会特別研究員(PD)    
2003年 理化学研究所 基礎科学特別研究員    
2005年 科学技術振興機構さきがけ「生命現象と計測分析」研究員(専任)    
2008年 名古屋大学大学院理学研究科 講師    
           理化学研究所播磨研究所客員研究員 併任   
2011年 名古屋大学大学院理学研究科 准教授    
2012年 分子科学研究所 教授    
           総合研究大学院大学 教授    
2013年 分子科学研究所 協奏分子システム研究センター長   

受賞歴

2016年 平成28年度日本学術振興会賞
2008年 平成20年度文部科学大臣表彰 若手科学者賞   
2007年 日本生物物理学会 若手奨励賞   
2006年 2006 SAS Young Scientist Prize   
2002年 The Protein Society Annual Poster Board Award  

主な研究テーマ

生物時計タンパク質が24時間周期のリズムを奏でる仕組みを解き明かす

キーワード 生物時計,生体リズム,時計タンパク質,遅く秩序あるダイナミクス,X線溶液散乱,動的構造解析
PDF Annual Review : PDF

代表的な論文・著書

  1. S. Akiyama, “Structural and dynamic aspects of protein clocks: How can they be so slow and stable?” CMLS 69, 2147-2160 (2012).
  2. J. Abe et al., “Atomic-scale Origins of Slowness in the Cyanobacterial Circadian Clock” Science 349, 312-316 (2015).
  3. S. Akiyama et al., “Assembly and Disassembly Dynamics of the Cyanobacterial Periodosome” Mol. Cell 29, 703-716 (2008).
  4. Y. Murayama et al., “Tracking and Visualizing the Circadian Ticking of the Cyanobacterial Clock Protein KaiC in Solution” EMBO J30, 68-78 (2011).
  5. A. Mukaiyama et al., “A protocol for preparing nucleotidefree KaiC monomer” BIOPHYSICS 11, 79-84 (2015).
  6. 秋山 修志, ”時間生物学と放射光科学の接点”,放射光 (2016).