緊急のお知らせ

分子科学研究所

研究情報

研究グループ一覧

加藤 晃一

かとう こういち / KATO, Koichi

教授

TEL: 0564-59-5225
E-Mail : kkatonmr_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
場所:山手キャンパス 3号館3F西

所属研究室 >


所属

生命創成探究センター 創成研究領域 生命分子動秩序創発研究グループ
生命創成探究センター 極限環境生命探査室 極限環境生命分子研究グループ(併任)
兼任:
生命・錯体分子科学研究領域 生体分子機能研究部門/
協奏分子システム研究センター 生体分子システム研究部門

略歴

1986年 東京大学薬学部薬学科 卒       
1988年 東京大学大学院薬学研究科製薬化学専攻 博士前期課程修了     
1991年 東京大学大学院薬学研究科製薬化学専攻 博士後期課程修了 博士(薬学)     
1991年 東京大学薬学部 助手    
1997年 東京大学大学院薬学系研究科 助手    
1997年 東京大学大学院薬学系研究科 講師    
2000年 名古屋市立大学大学院薬学研究科 教授    
2004年 分子科学研究所 客員教授 兼務(2008年まで)    
2008年 岡崎統合バイオサイエンスセンター 教授(2018年3月まで)   
           分子科学研究所 教授    
           総合研究大学院大学 教授    
2006年 お茶の水女子大学糖鎖科学研究教育センター 客員教授 兼務(2015年まで)   
2008年 名古屋市立大学大学院薬学研究科 特任教授 兼務    
2013年 日本学術振興会 新学術領域研究「動的秩序と機能」領域代表(2018年まで)
2018年 生命創成探究センターセンター長・教授

受賞歴

2000年 日本薬学会奨励賞 
2011年 日本薬学会学術振興賞 
2011年 第48回ベルツ賞1等賞

主な研究テーマ

生命分子システムの動的秩序形成と高次機能発現の仕組みの探究
キーワード 生命分子,動的秩序,高次機能,NMR
PDF Annual Review : PDF

代表的な論文・著書

  1. H. Yagi, M. Yagi-Utsumi, R. Honda, Y. Ohta, T. Saito, M. Nishio, S. Ninagawa, K. Suzuki, T. Anzai, Y. Kamiya, K. Aoki, M. Nakanishi, T. Satoh and K. Kato, “Improved secretion of glycoproteins using an N-glycan-restricted passport sequence tag recognized by cargo receptor,” Nature Commun. 11, 1368 (2020).
  2. M. Yagi-Utsumi, A. Sikdar, C. Song, J. Park, R. Inoue, H. Watanabe, R.N. Burton-Smith, T. Kozai, T. Suzuki, A. Kodama, K. Ishii, H. Yagi, T. Satoh, S. Uchiyama, T. Uchihashi, K. Joo, J. Lee, M. Sugiyama, K. Murata and K. Kato, “Supramolecular tholos-like architecture constituted by archaeal proteins without functional annotation,” Sci. Rep. 10, 1540 (2020).
  3. S. Yanaka, R. Yogo, H. Watanabe, Y. Taniguchi, T. Satoh, N. Komura, H. Ando, H. Yagi, N. Yuki, T. Uchihashi and K. Kato, “On-membrane dynamic interplay between anti-GM1 IgG antibodies and complement component C1q,” Int. J. Mol. Sci. 21, 147 (2020).
  4. R. Yogo, Y. Yamaguchi, H. Watanabe, H. Yagi, T. Satoh , M. Nakanishi, M. Onitsuka, T. Omasa, M. Shimada, T. Maruno, T. Torisu, S. Watanabe, D. Higo, T. Uchihashi, S. Yanaka, S. Uchiyama, and K. Kato, “The Fab portion of immunoglobulin G contributes to its binding to Fcγ receptor III,” Sci. Rep. 9, Article number: 11957 (2019).
  5. S. Yanaka, R. Yogo, R. Inoue, M. Sugiyama, S.G. Itoh, H. Okumura, Y. Miyanoiri, H. Yagi, T. Satoh, T. Yamaguchi, and K. Kato, “Dynamic views of the Fc region of immunoglobulin G provided by experimental and computational observations,” Antibodies 8, 39 (2019).
  6. Y. Yunoki, K. Ishii, M. Yagi-Utsumi, R. Murakami, S. Uchiyama, H. Yagi, and K. Kato, “ATP hydrolysis by KaiC promotes its KaiA binding in the cyanobacterial circadian clock system,” Life Sci. Alliance 2, e201900368 (2019).
  7. T. Sekiguchi, T. Satoh, E. Kurimoto, C. Song, T. Kozai, H. Watanabe, K. Ishii, H. Yagi, S. Yanaka, S. Uchiyama, T. Uchihashi, K. Murata, and K. Kato, “Mutational and combinatorial control of self-assembling and disassembling of human proteasome α subunits,” Int. J. Mol. Sci. 20, 2308 (2019).