HOME arrow研究 arrow研究者一覧 arrow魚住 泰広

研究者詳細

prof

魚住 泰広

うおずみ やすひろ / UOZUMI, Yasuhiro

TEL: 0564-59-5571
メールアドレス: uo_at_ims.ac.jp(_at_ は@に置き換えて下さい)
所属研究室:
場所: 山手キャンパス 3号館3F東

所属

生命・錯体分子科学研究領域 錯体触媒研究部門
 

略歴

1984年 北海道大学薬学部学部薬学科 卒       
1986年 北海道大学大学院薬学研究科 修士課程修了     
1988年 北海道大学大学院薬学研究科 博士後期課程中途退学
1990年 博士(薬学)
1988年 日本学術振興会 特別研究員(DC)
1988年 北海道大学薬学部研究技官(教務職員)
1990年 北海道大学触媒化学研究センター 助手
1994年 米国コロンビア大学リサーチアソシエート(1995年まで)
1995年 京都大学理学部 講師
1997年 名古屋市立大学 教授
2000年 分子科学研究所 教授
      総合研究大学院大学 教授
2002年 京都大学大学院理学研究科 教授(連携併任;2005年まで)
2007年 理化学研究所 研究チームリーダー (現在継続中)
2010年 東京工業大学 教授 (准連携講座;2012年まで)
2014年 中国胡北省 楚天学者教授 (中国三峡大学)
2003年 科学技術振興機構 CREST研究代表者
     (グリーン触媒プロジェクト)(2008年まで)
2008年 新エネルギー産業技術総合研究機構 NEDO研究代表者(2012年まで)
2011年 科学技術振興機構 CREST研究副代表者(元素戦略プロジェクト)(2016年まで)

受賞歴

1991年 有機合成化学協会 研究企画賞(エーザイ賞)    
1998年 日本薬学会研究奨励賞    
2007年 日本化学会学術賞    
2007年 グリーン・サステイナブル・ケミストリー(GSC)賞 文部科学大臣表彰    
2010年 井上学術賞
2014年 科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞

主な研究テーマ

有機分子変換を駆動・制御する新しい反応システムの構築

キーワード 遷移金属触媒,疎水性相互作用,触媒的不斉合成,固定化触媒
PDF Annual Review : PDF

代表的な論文・著書

  1. Takao Osako, Kaoru Torii, Shuichi Hirata, Yasuhiro Uozumi “Chemoselective Continuous-Flow Hydrogenation of Aldehydes Catalyzed by Platinum Nanoparticles Dispersed in an Amphiphilic Resin” ACS Catal. 7, 7371-7377 (2017).
  2. Go Hamasaka, Tsubasa Muto, Yoshimichi Andoh, Kazushi Fujimoto, Kenichi Kato, Masaki Takata, Susumu Okazaki, Yasuhiro Uozumi “Detailed Structural Analysis of a Self-Assembled Vesicular Amphiphilic NCN-Pincer Palladium Complex by Wide-Angle X-Ray Scattering and Molecular Dynamics Calculations” Chem. Eur. J. 23, 1291-1298 (2017).
  3. Heeyoel Baek, Maki Minakawa, Yoichi M. A. Yamada, Jin Wook Han, Yasuhiro Uozumi “In-Water and Neat Batch and Continuous-Flow Direct Esteri cation and Transesteri cation by a Porous Polymeric Acid Catalyst” Sci. Rep. 6, 25925 (2016).
  4. Yoichi M. A. Yamada, Yoshinari Yuyama, Takuma Sato, Shigenori Fujikawa, Yasuhiro Uozumi “A Palladium-Nanoparticle and Silicon- Nanowire-Array Hybrid: A Platform for Catalytic Heterogeneous Reactions” Angew. Chem. Int. Ed. 53, 127-131 (2014).
  5. Yoichi M. A. Yamada, Shaheen M. Sarkar, Yasuhiro Uozumi “Amphiphilic Self-Assembled Polymeric Copper Catalyst to Parts per Million Levels: Click Chemistry,” J. Am. Chem. Soc. 134, 9285–9290 (2012).
  6. Yoichi M. A. Yamada, Shaheen M. Sarkar, Yasuhiro Uozumi, “Self-Assembled Poly(imidazole-palladium): Highly Active, Reusable Catalyst at Parts per Million to Parts per Billion Levels,” J. Am. Chem. Soc. 134, 3190-3198 (2012).
  7. Shaheen M. Sarkar, Yoichi M. A. Yamada, Yasuhiro Uozumi, “A highly Active and Reusable Self-Assembled Poly (Imidazole/Palladium) Catalyst: Allylic Arylation/Alkenylation,” Angew. Chem. Int. Ed. 50, 9437-9441 (2011).
  8. Go Hamasaka, Tsubasa Muto, Yasuhiro Uozumi, “Moleular-Architecture-Based Administration of Catalysis in Water: Self-Assembly of an Amphiphilic Palladium Pincer Complex,” Angew. Chem. Int. Ed. 50, 4876-4878 (2011).
  9. Yasuhiro Uozumi, Yutaka Matsuura, Takayasu Arakawa, Yoichi M. A. Yamada Asymmetric Suzuki-Miyaura Coupling in Water with a Chiral Palladium Catalyst Supported on an Amphiphilic Resin Angew. Chem. Int. Ed. 48, 2708-2710 (2009).
  10. Yoichi M. A. Yamada, Takayasu Arakawa, Heiko Hocke, Yasuhiro Uozumi, “A Nanoplatinum Catalyst for Aerobic Oxidation of Alcohols in Water,” Angew. Chem. Int. Ed. 46, 704-706 (2007).
  11. Yasuhiro Uozumi, Yoichi M. A. Yamada, Tomohiko Beppu, Naoshi Fukuyama, Masaharu Ueno and Takehiko Kitamori, “Instantaneous Carbon-Carbon Bond Formation Using a Microchannel Reactor with a Catalytic Membrane,” J. Am. Chem. Soc. 128, 15994-15995 (2006).