緊急のお知らせ

分子科学研究所

サイト内検索

研究・研究者

研究会・セミナー

セミナー・イベント詳細

【オンライン開催】計算科学研究センター・ナノテクノロジープラットフォーム事業合同ワークショップ(1/12-13)

演 題 「データ科学に基づく理論・計算科学と実験科学の協働を目指して」
日 時 2021年01月12日(火) 13:30
場 所

Zoomによるオンライン配信 (参加費無料、定員500名)

概 要

近年、理論・計算科学分野ではデータ科学や機械学習に基づく新たな方法が進展し、マテリアルズインフォマティクス分野で活用されつつあります。またケモインフォマティクスやバイオインフォマティクス等の情報化学分野においても新しい取り組みが行われています。一方、分子研が推進してきたナノテクノロジープラットフォーム事業では、様々な計測技術による膨大な実験データが蓄積しており、今後も多くの貴重な実験データが蓄積することが期待されます。そこで本ワークショップでは、分子科学研究所で実施している計算科学研究センターの共同利用およびナノテクノロジープラットフォーム事業が協力し、分子科学分野におけるデータの活用やマテリアルズインフォマティクスについて議論します。データ科学や機械学習に基づく基礎化学や物質・材料科学の最前線で研究を実施している研究者が集まり、研究交流と意見交換をすることによって、将来の物質科学・材料科学研究を展望します。また本分野における計算科学研究センターとナノテクノロジープラットフォーム事業の役割についても議論したいと思います。
※ポスター発表もオンラインにて実施します。ポスター発表では分子科学の幅広い研究分野からの発表を期待しています。

 

参加申込方法

■WEB受付
参加ご希望の方は、2021年1月5日(火)までに下記からご登録ください。
https://registration.ims.ac.jp/scws2020
後日、参加のための必要情報(Zoom ID、PW情報等)をメールにてご連絡いたします。
 

■ポスター発表
テキスト・チャット(Mattermost)で実施します。

 

2021年1月12日(火)

13:30-13:40 開会の挨拶 川合 眞紀 所長

ナノプラット事業におけるデータ創出

13:40-

14:20

横山 利彦(分子科学研究所)

「文科省ナノテクノロジープラットフォームの現状と次期マテリアルDXプラットフォームへの期待」

14:20-15:00

古川 貢(新潟大学)

「機能性物質の電子スピン共鳴研究の現状」

15:00-15:40

高見 剛(京都大学)

「磁化計測技術による機能性材料の理解:マテリアルDXに基づいた材料探索に向けて」

15:40-15:50 休憩

ケモインフォマティクス・マテリアルズインフォマティクス

15:50-16:30

金子 弘昌(明治大学)

「ケモインフォマティクス・マテリアルズインフォマティクスにおける直接的モデル逆解析とその応用例」

16:30-17:10

袖山慶太郎(NIMS)

「マテリアルズ・インフォマティクスによる蓄電池用電解液材料探索」

2021年1月13日(水) 

電子状態理論・データ科学

9:00-9:40

森 寛敏(中央大学)

「電子状態インフォマティクスによるイオン液体のガス分離/吸収特性最適化」

9:40-10:20

畑中 美穂(慶應義塾大学)

「反応経路のデータベースと機械学習を用いる触媒・発光材料の理解・分子設計」

10:30-12:00 ポスター発表

12:00-13:00 昼食

電子状態理論・データ科学・De novo設計

13:00-13:40

南谷 英美(分子科学研究所)

「電子フォノン相互作用の精密計算とその応用」

13:40-14:20

小林 正人(北海道大学)

「量子化学計算とデータ科学の併用による触媒・表面吸着系の解析と予測」

14:20-14:30  休憩

14:30-15:10

田代 基慶(東洋大学)

「光学活性を持つ有機小分子のde novo設計」

15:10-15:50

藤波美起登(早稲田大学)

「運動エネルギー汎関数の開発、反応予測、反応条件最適化に対する量子化学計算と機械学習の応用」

15:50-16:00  閉会の挨拶

 

お問合せ先

自然科学研究機構 計算科学研究センター 事務局
〒444-8585 
愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38番地
TEL:0564-55-7462
E-mail: scws2020_at_ims.ac.jp
*メールアドレスの_at_は@に直してお送りください。