分子科学研究所

サイト内検索

共同研究・施設利用案内

2023年度(通年・前期)共同利用 公募案内

《2023年度共同利用研究申請者の皆様へ》

分子科学研究所における今後の共同利用研究の実施にあたり、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご協力をお願いしたいことがあります。

詳細については、こちらの通知文書(https://www.ims.ac.jp/guide/docs/shogai.pdf)をご確認くださるようお願いします。

 

分子研では、共同利用での外部からの来訪者に対して、コロナ対応活動レベルに応じて「健康状況確認票」、及び「体調チェックシート(来所中)」を用意しています。
対応フローおよび様式はホームページでご確認下さい。
https://www.ims.ac.jp/guide/application_requirements.html


公募事項

(A)課題研究(注1)

             
(B)①協力研究(注1)

②協力研究(マテリアル先端リサーチインフラ)(*)
*②については、2023年2月開始の随時申請でのみ公募を受け付けます。2022年12月が期限の定時申請の公募はありません。

 

(C)研究会

(D)若手研究活動支援

(E)分子科学国際研究集会(岡崎コンファレンス)

(F)①UVSOR施設利用

②UVSOR施設利用(マテリアル先端リサーチインフラ)

 

(G)機器センター施設利用(マテリアル先端リサーチインフラ)(*)

*2023年2月開始の随時申請でのみ公募を受け付けます。2022年12月が期限の定時申請の公募はありません。

 

(H)①装置開発室施設利用(*)

②装置開発室施設利用(マテリアル先端リサーチインフラ)(*)
*2023年2月開始の随時申請でのみ公募を受け付けます。2022年12月が期限の定時申請の公募はありません。


(注1)…(A)課題研究と(B)①協力研究については、UVSORのビームラインの一部を利用可能です。
 

〇マテリアル先端リサーチインフラ事業
分子科学研究所は、文部科学省「マテリアル先端リサーチインフラ」事業における「マテリアル高度循環のための技術領域」のスポーク機関となっています。(B)②協力研究(マテリアル先端リサーチインフラ)、(F)②UVSOR施設利用(マテリアル先端リサーチインフラ)、(G)機器センター施設利用(マテリアル先端リサーチインフラ)、(H)②装置開発室施設利用(マテリアル先端リサーチインフラ)は、本事業としての取扱いとなります。

(B)②協力研究(マテリアル先端リサーチインフラ)、(G)機器センター施設利用(マテリアル先端リサーチインフラ)、(H)②装置開発室施設利用(マテリアル先端リサーチインフラ)は、2023年2月半ば開始の随時申請のみ公募します。2022年12月期限の定時申請の公募はないため、ご注意ください。

 

詳細はこちら(https://arim.ims.ac.jp/)をご覧ください。

 

※「計算科学研究センター」施設利用については、別途公募しますので、下記ホームページをご確認ください。
https://ccportal.ims.ac.jp/apply2022

 

研究期間

(通年)2023年4月1日 ~ 2024年3月31日
(前期)2023年4月1日 ~ 2023年9月30日

 

2023年10月以降に研究を実施予定の場合、通年の区分で申請いただくか、2023年5月に予定している後期(2023年9月~2024年3月)の公募にご申請ください。

 

「計算科学研究センター施設利用」については、下記のホームページをご参照ください。

https://ccportal.ims.ac.jp/information
 

申請資格

大学及び国・公立研究所等の研究機関の研究者又は所長がこれと同等の研究能力を有すると認める者。(大学院博士課程後期在学中の者を含む。ただし、UVSOR施設利用の代表者にはなれません。
 

申請方法

自然科学共同利用・共同研究統括システム(NOUS)を利用した申請となります。
以下のURLよりご申請ください。
https://www.nins.jp/site/nous/

 

NOUSの利用にあたっては、分子研ホームぺージに掲載されたマニュアル等(PDF)をご確認ください。

 

申請期限

2022年12月15日(木)17:00締切

※2021年度後期の申請より、所属機関(部局)の長の承諾書の提出は不要です。

 

期限後に随時申請が可能な区分は以下のとおりです。
公募事項一覧はこちら(PDF)をご覧ください。

 (A)、(E)は、随時申請がありませんので、上記期限までに申請してください。

区分 (A) (B)① (B)② (C) (D) (E) (F)① (F)② (G) (H)① (H)②
通年

     
前期            

ただし申請後、採否決定までに最大1ヶ月程度必要となる場合があります。

また、(F)①➁のマシンタイム配分は期限内申請に配分した後の残時間によります。
 

なお、(B)➁、(G)、(H)①➁は随時申請のみ受け付けます。上記を期限とする定時申請の公募はありませんので、2023年2月開始予定の随時申請にご申請ください。

 

「計算科学研究センター施設利用」については、下記のホームページをご参照ください。

 https://ccportal.ims.ac.jp/information
 

重複申請の制限

(A)課題研究、(B)①②協力研究、(F)①②UVSOR施設利用ならびに(G)機器センター施設利用において、互いに類似の研究課題を重複して申請することは認めません。
 

民間企業所属の共同利用研究者について

(A)課題研究、(B)①②協力研究、(F)①②UVSOR施設利用、(G)機器センター施設利用ならびに(H)①②装置開発室施設利用において、共同利用研究の実施にあたり必要と認められた場合、民間企業に所属する研究者が共同利用研究者として参画することを認めます。ただし、旅費の支給は行いません。

採否

採否は、運営会議の議を経て所長が決定します。ただし、施設利用については当該施設長が決定します。
また、(F)①②の後期計画については、後期公募締切後に決定します。研究期間が年度を超える分については、次年度以降も新規公募手続に従って改めて申請をしていただきます。
 

採否決定の時期

2023年3月
 

所要経費

予算の範囲内において本研究所で支出します。

旅費の支給

予算の範囲内において自然科学研究機構役職員旅費規程により支給します。
なお、共同利用研究者(指導教員)に帯同して来所する学部学生の旅費も支払い可能です。

 

* 学部学生に旅費を支給する場合は、「自然科学研究機構岡崎3機関等における共同利用研究等に参加する学部学生等取扱要項」により事前手続きを行ってください。

* 予算の都合により、日当・宿泊費を減額または不支給とする場合があります。
* 企業から参画する参加者には支給しません。

保険等の加入

  • 大学院生を派遣する場合
    共同利用研究の実施に伴う大学院学生の来所について(PDF)をご確認ください。
  • 学部学生を派遣する場合
    岡崎3機関等における共同利用研究等に参加する学部学生等取扱要項(PDF
    共同利用研究等に参加する学部学生等の派遣許可申請書(Word
    放射線管理区域立入申請書(学部学生用)(UVSOR利用者のみ必要)(Word

報告書について

研究終了後30日以内にNOUSを利用して所定の実施報告書を必ず提出してください。
また、研究課題名、申請者及び共同利用研究者(研究会参加者含む)の所属先、職名、氏名等の情報は、分子科学研究所の各種広報活動及び共同利用研究実施報告書を通じて公開される可能性があるため、申請前に共同利用研究者及び研究会参加者全員に、これら情報が公開されることの了承を得てください。
なお、承認が得られなかった場合には、所定の実施報告書の提出に加えて、これら情報を「墨消し」とした「報告書(公開用)」を別途提出いただく必要があります。

 

施設等の利用

諸施設の利用については、研究所の諸規則を遵守し、責任者の指示に従ってください。

 

放射線業務従事承認書の提出

UVSOR施設、放射線発生装置等を使用する場合は、別紙「放射線業務従事承認書」(様式第4号)を準備でき次第、遅くとも実施予定日の2週間前までに各担当事務室まで郵送にて提出してください。
なお、従事期間は個々に区切らず当該年度全体を包括するよう設定してください。

 

UVSOR実験試料・化学薬品の使用届の提出

UVSORストレージリング室内で、実験試料又は化学薬品を使用する場合は、別紙様式7の使用届(日本語英語)(記入例:日本語英語)を申請の際に提出してください。

 

知的財産権の取扱について

大学共同利用機関法人自然科学研究機構職務発明等規程(平成16年自機規程第12号)(PDF) に定めるところによります。

(※共同利用研究に採択された場合、提案代表者及び共同利用研究者は「共同利用研究員」という身分で採択課題に関する研究を実施することとなり、上記の規程における役職員に準じた取扱いとなります。(具体的な内容については個別にお問い合わせください。)

 

宿泊施設

共同利用研究者宿泊施設(http://www.occ.orion.ac.jp/lodge/)を利用できます。
なお、宿泊施設の利用方法は、採択を通知する際にお知らせします。

 

岡崎コンファレンスセンター

(C)研究会、(D)若手研究活動支援、(E)分子科学国際研究集会(岡崎コンファレンス)において、岡崎コンファレンスセンター(OCC)(http://www.orion.ac.jp/occ/)を利用できます。

OCC利用申請に際しての詳細は、岡崎統合事務センター総務部国際研究協力課共同利用係(Email:r7133@orion.ac.jp)に問い合わせてください。

育児支援制度

(1)事業所内保育施設
空きがある場合に事業所内保育施設(https://www.orion.ac.jp/sakura/)が利用できます。

(2)育児支援制度
子の一時保育(外部保育,ベビーシッター等)や病児・病後児保育等の保育サービスに要する費用について、機構が一部支援を行う制度を利用できます。

(3)出張帯同支援制度
共同研究者等の子が出張に同行する際の交通費について、機構が一部支援を行う制度を利用できます。

(共同利用研究のための子育て支援)
https://www.ims.ac.jp/guide/child_rearing_support/index.html
 

共同利用研究に関する問い合わせ先

〒444-8585
岡崎市明大寺町字西郷中38番地
自然科学研究機構 岡崎統合事務センター 
総務部国際研究協力課 共同利用係      
電話:0564-55-7133 (ダイヤルイン)
mail:r7133@orion.ac.jp